Adoの「うっせぇわ」が『2021 ユーキャン新語・流行語大賞』新語・流行語大賞を受賞したことが1日、わかった。

 その年話題となった新語・流行語を決定する年末恒例の『2021 ユーキャン新語・流行語大賞』(現代用語の基礎知識選)12月1日に発表され、新語・流行語大賞に「うっせぇわ」が輝いた。現代用語の基礎知識編集部調査をもとに、ノミネート語30語を選出し、その中から選考委員会が選出した10語に選ばれた。

 「うっせぇわ」は19歳の歌い手・Adoが2020年10月にリリースしたメジャーデビュー曲。

 同曲のミュージックビデオ&ストリーミング累計再生回数が4億を突破し、社会現象となっている。

 Adoは『オリコン上半期ランキング2021』にて、アーティスト別セールス部門「新人ランキング」1位(ソロアーティスト史上初の受賞)に輝き、いま最も注目を集める新世代のアーティスト。「うっせぇわ」はストリーミング総再生回数は2億回を突破、2月にリリースした「ギラギラ」、そして4月に配信した「踊」もそれぞれストリーミング総再生回数1億回を突破し、10代ソロシンガー初となるストリーミング累計「1億回」再生楽曲3曲を保持しているアーティストとなった。2022年1月26日には初のCDリリースとなるアルバム『狂言』を発売予定。4月4日には自身初のワンマンライブ「喜劇」をZepp DiverCity(TOKYO)で行うことも決定し話題を集めている。

Adoコメント

 こんにちは、Adoです。“2021 ユーキャン新語・流行語大賞”に“うっせぇわ”が受賞したとお聞きして光栄な限りです。まさか流行語大賞に選ばれるなんて...びっくりです...これも楽曲を提供してくださったsyudouさん、MV・ジャケットを手掛けてくださったWOOMAさん、そして楽曲を聴いてくださった皆様のお陰です。これからも楽曲を大切に歌っていければと思っております。

この記事の写真

ありません

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)