指原莉乃が芸能人と食事に行く際の“掟”を明かした―。HKT48の指原莉乃(21)が、8日放送の読売テレビ系バラエティ番組『にけつッ!!』(毎週月曜深夜1時28分)にゲスト出演、他の番組で共演歴がある千原ジュニア(40)とケンドーコバヤシ(42)とともにトークを展開した。

 トーク中、指原には芸能人の友達がいないという話題で、ジュニアが「指原はサシ(2人きり)ではご飯にいけないですよ。秋元さんに言わなあかんねんね」と切り出すと、指原は「そうです。秋元さんに、もしこの人と(週刊誌に)撮られたらやばいかもっていう人、もし私が好きだったら、好きになる可能性がある人だったら言わないといけない」と、AKB48グループ総合プロデューサー秋元康氏に事前報告する必要があることを明かした。

 ジュニアとケンコバと行くなら報告する必要はないとも語り客席の笑いを誘った指原に、ケンコバは「そりゃそうやわ」と納得するも「でもわからんぞ、飲んでいるときは」と笑顔ながらも反論。ジュニアからは「芸人でこの人と行くときは秋元さんに言うなって人は誰?」と鋭い質問を投げかけられると、困った表情を浮かべた指原。それでも「(チュートリアルの)徳井(義実)は?」という問いには「言う言う」と即答した。

 指原は、週刊誌に恋愛スキャンダルが報じられHKT48に移籍した過去がある。今ではその事も自虐ネタとしてすっかり“糧”としているが、これを防ぐために設けた“掟”(おきて)と思われる。先日放送された他局のバラエティ番組では、デビュー前からインパルスの板倉俊之のファンで今でも好きなタイプと答えていたが、この“掟”からすると板倉と行くときも秋元氏に事前報告が必要となる。

 同番組は、ジュニアとケンコバが届けるトークバラエティ。事前の打ち合わせや台本もないなかで、芸人仲間の話から身近で起きた出来事などをしゃべり尽くす内容。この日の放送では、指原をゲストに、いいとも!元メンバーとの交友関係などのトークを展開。ケンコバが好んでいるというAKB48「恋するフォーチュンクッキー」の振り付けを3人で披露する場面もあった。

この記事の写真

ありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)