紗栄子/エル・ジャポン2021年3月号

 紗栄子が、女性ファッション誌『ELLE Japon』3月号(2月28日発売、ハースト婦人画報社)に登場。牧場経営という新しいことに挑む紗栄子が、今一番欲しいものは「トラクター!」であることを明かしている。

 本号では「新しい私になる!」をテーマに、新しい仕事を始めたり、見た目やセルフブランディングでイメージをがらりと変えたりと、好奇心や冒険心を持って、新しいことにチャレンジする人たちに大注目。

 モデルや女優として活躍しつつ、商品プロデュースでもヒットを生み出してきた紗栄子は昨年8月、経営者が変わり、スタッフの雇用や馬たちの先行きが見えない牧場の経営を引き継ぐという、新たな挑戦に乗り出した。

 未知なる目標に出合った紗栄子のこれからの夢と、その原動力に迫る。

 紗栄子はこの中で、精力的にボランティア活動やチャリティ活動を行う理由を聞かれれ「シングルマザーとして子どもたちを育てていくのは精神的にも経済的にもつらい時期があったのですが、応援してくださる方がたくさんいたおかげで乗り越えられた。皆さんに対しての私なりの感謝と恩返しの気持ちなんです」と語っている。

 ほか本号では、昨年12月でE-girlsが解散し、2021年からはソロ・アーティストとして活動する佐藤晴美が長年チャームポイントだったロングヘアをバッサリとカット。髪を切る前と後の変化が切り取られている。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)