清春が30日、52歳の誕生日に自叙伝『清春』発売し、都内で記念記者会見とBirthday LIVEを同日におこなった。

 清春はインディーズ時代から常に先駆者として時代を築き、シーンを牽引しながらもどこにも属さず “清春”という唯一無二の存在であり続けた。デビューから25年が経ち発売された半生を振り返る初の自叙伝は、実弟でありマネージャーを務めていた森義隆氏による寄稿やプライベート写真も掲載。

 恒例の Birthday LIVEは、今年はソーシャルディスタンスおよび感染対策を徹底し、ファンクラブ会員限定でおこなわれた。

 清春は自叙伝を出すきっかけとして、「50歳の1年で出そうと思っていた」と振り返り、「自叙伝を出せるようなミュージシャンは少ないのでその仲間に入りたい」という想いもあったことを語った。

 そして52年の人生の分岐点については、黒夢とSADSとソロと、3回デビューしたことを挙げ、コロナ禍での心境面については、レコーディングやライブの開催が困難な中で「月に一回ストリーミングライブをやっていまして、それがあって本当によかった」と、述べた。

 また、自叙伝の印象的な部分について聞かれると、「インディーズ時代から自分で色々考えてやっていくスタイルがあったけど、お金があるような会社などに誘われてもそこに行かなかったこと」を挙げ、自分の想いを通せるような環境に自分でしていったと語った。

清春

 清春は、高校生の時に思っていたロックミュージシャンのあり方が、大人になると理想と現実が離れていくことを周りを見ていると感じると述べつつ、「わりと突き通している感じでなんとなくいられるなという気が――そこがこの本の中心になっていると思うんです」と、自身の想いについて語った。

 また、「52年を振り返る作業は難しかったのでは?」という質問に対し、清春は「自分でもウィキペディアとか見てました――なんなら書き足しちゃおうかなと思いました(笑)」と冗談交じりに語り、会場の笑いを誘った。

 そして、10年、20年前と今との価値観やロックという音楽の変化、音楽の聴き方の変化についても語る中、「時代の流れ、様々な変化がある中でも一貫して大事にしている信念は?」という質問に対し、清春は「僕は“個である”こと」と、答えた。

 アーティストということだと、という前提で清春は、「本を書く人も絵を描いたりする人も一人なので、ミュージシャンもそういうことになっていっている一番わかりやすいジャンルが、僕が今いるジャンルかなと思っていて」と述べ、「団体の中で一つ頭が出ている人を見て、団体でいるけど好みがあるということ、それが僕の中でのロック、音楽の魅力の一つ」と、“個”に対しての想いを伝えた。

 会見の最後に清春は、「こういうタイプのミュージシャンもいて、わりと長めにコンサートで活動しているというのが世の中に広まったらいいと思います」と述べ、さらに「実力というか、自分の思っていることを現実に近づけるということが、たまには大きな数を勝ち取るよりも大事な時があると思うんです」と続け、「僕の場合はそっちの人生なので」と語った。

 「音楽っぽい本なんですけど――」と、清春は語りつつ、あらゆる角度からの視点で読める本であるということを紹介した。【平吉賢治】

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)