SKY-HI主催のオーディション「THE FIRST」から生まれた7人組ダンス&ボーカルグループBE:FIRSTが、11日放送中の読売テレビ・日本テレビ系音楽特番『ベストヒット歌謡祭2021』(19時〜)に出演し、「Shining One」を披露した。SNS上で大きな反響を集めた。

 11月3日にシングル「Gifted.」でメジャーデビューしたBE:FIRSTは、SOTA、SHUNTO、MANATO、RYUHEI、JUNON、RYOKI、LEOの7人組ダンス&ボーカルグループ。先日デビュー曲「Gifted.」が『Billboard JAPAN総合ソング・チャート JAPAN HOT100』で1位獲得、各種音楽チャートで40冠を達成し、大きな話題となった。

 『ベストヒット歌謡祭2021』で披露されたのはプレデビュー曲として配信された「Shining One」。オーディションの最終審査で課題曲として披露された楽曲でもある。洗練されたサウンドにハイレベルな歌とシンクロ率の高いダンスは、デビュー間もないグループとは思えない堂々とした圧巻のステージングでお茶の間を魅了した。

 この鮮烈なパフォーマンスにSNSでは「ダンスも歌もやっぱり最高だぁ!」、「BE:FIRST史上最強黒衣装」、「とんでもない才能の塊。」など多くの反響を集めた。

 小媒体のインタビューで「世界への挑戦」、「J-POPの土台を作る」と、熱く語っていた彼らの発言がよりリアルになり、その第一歩を踏み出した瞬間でもあった。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)