グローバルボーイズグループのJO1が、16日放送のTBS音楽番組『CDTVライブ!ライブ!★夏フェス2021【第1夜】』に出演。新曲の「REAL」をパフォーマンスしネット上で多くの反響を集めた。

 JO1は、18日リリースのシングル「STRANGER」からの新曲「REAL」を白黒衣装で披露した。トロピカルハウスを進化させた清涼感溢れるテイストのサウンド、ビートに軽やかに乗り、まずは2人が絡み合うペアダンスからスタート。

 そしてメンバー全員が揃い、淀みないアクションで機敏なシンクロダンスに変化させ、サビでは各メンバー2人ずつがハグをしつつ艶やかな表情でカメラに目線を送る。

 続くラップのバースでは複雑なフォーメーションをリズミックに魅せる。そして羽ばたくように両手を華麗に振るわせるダンスから爽やかなダイナミズムでサビへ。テクニカルに悠々と舞いつつフレッシュな歌唱を響かせた。

 各メンバーを捉える角度に天井からの画角と、カメラワークもカラフルに、約3分の彼らの表現からはJO1の魅力がふんだんに味わえる内容だった。

 JO1は、音楽的にもこれまで様々な要素を含んだJO1ならではの楽曲で多彩なアプローチをみせてきた。今回は清夏を十分に味わわせてくれる、夏にぴったりなサウンドにパフォーマンス。歌唱、ダンス、衣装、表情と、彼らのポテンシャルを感じさせてくれた。

 かなりの運動量にダンスの緩急、所作のスピードと、高度なスキルが求められると思われるステージングだが、それを感じさせずに、クールに魅了した。この日のアクションを観ると、JO1が<確かなものにしていく>“世界標準”のパフォーマンスが<もっと高い場所>へ飛翔すると感じさせてくれる。

 SNSでは「JO1最高」がトレンド入りし、「何もかもが美しい...」「震えが止まらない!!」「体感一瞬だった」「まだ衝撃から抜け出せないでいる」「JO1のシンクロ率えげつなかったよ」など、反響を集めた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)