シンガーのMISIAが、14日放送のNHK音楽特番『ライブ・エール2021』(午後6:05~6:45/午後7:30~8:45)に登場し、「Welcome One」を歌唱した。その歌声にSNS上で大きな反響を集めた。

 NHKのスタジオから生放送で送る音楽特番『ライブ・エール』。さまざまなジャンルから幅広い世代のアーティストが集い、「今こそ歌でエールを」をテーマにコロナ禍の日本に音楽でエールを届けるというもの。

 『ライブ・エール2021』のトップバッターとして登場したMISIA。披露された「Welcome One」 はJRAの馬術競技応援新CMソングとして今年4月28日に配信リリースされた楽曲で今年開催のオリンピック・パラリンピックでの馬術競技にむけたエールソング。ただ選手たちへだけではなく、このコロナ渦で暮らす人々への想いを歌詞に込めた楽曲でもあるという。

 グルーヴィーな演奏、ダンサーの一体感のあるパフォーマンスをバックに届けられたMISIAの生命力溢れる歌声は、困難に立ち向かう人々へ勇気を与えてくれる歌唱だった。歌唱後MISIAは「皆様の心が挫けないように、心を込めて歌でエールを送ります」とコメント。

 SNS上では「プロフェッショナル以外の何者でも無い」、「心に突き刺さる」、「MISIAさんのパワフルな歌声ほんとエール」、「初っ端からクライマックス」など、多くの反響を集めていた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)