King & Princeが、14日放送のフジテレビ系音楽特番『2021FNS歌謡祭 夏』に登場。TV初披露の新曲「Namae Oshiete」と、嵐の「Love so sweet」を披露すると、大きな反響を集めた。

 トップバッターで登場したKing & Princeは、司会の相葉雅紀が見守るなか、嵐の「Love so sweet」を披露。爽やかでキラキラとしたステージに、SNS上でも「キュンキュンした!」「キラキラ王子!」との声が集まった。

 パフォーマンス後のトークでは、相葉が「完コピだったね!」と絶賛する場面も。すると平野紫耀も、「めちゃくちゃ緊張しました!」と安堵の表情を見せる。歌唱中に相葉と目が合ったという神宮寺勇太が、「まじでキュンキュンしました!」と笑顔を見せるなど仲睦まじい先輩・後輩の絡みが見られた。

 そして、TV初披露の最新曲「Namae Oshiete」の披露の際には、スタイリッシュなスーツに衣装をチェンジ。

 同曲について聞かれた神宮寺が、「サビに日本語をあえて入れることで、海外の人がなんだこの曲!ってなる作戦みたいです」と明かすと、相葉が「作戦まで教えていただいて」とツッコミを入れる。楽曲の見どころについて聞かれた高橋海人(※高ははしごだか)も、「1回聴いたら忘れられないサウンドと、パフォーマンスを見てほしい」と魅力をアピールした。

 緩急のついたダンスに、印象的なサビのフレーズ。King & Princeが持つ色気を全面に押し出したステージに、SNS上では「大人っぽいキンプリも好き!」「ダンスうますぎる」との声が上がっていた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)