米津玄師が、5月31日0時より配信開始となった「Pale Blue」が、6月14日付オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングで、DL数が8.9万DL(88,873DL)で、1位を獲得した。また2021年度における初週DL数としては最高を記録したことが分かった。また、歴代1位の「デジタルシングル(単曲)通算1位獲得作品数」が8作目となっており、自己記録を更新した。

 「Pale Blue」は北川景子主演、TBS系 金曜ドラマ『リコカツ』主題歌として書き下ろされた楽曲。米津が楽曲提供するドラマとしては初のラブストーリーであり、毎話、切ない物語のラストに楽曲が流れ、ドラマを彩っている。

 また6月4日22:55、YouTubeでMusic Videoも、公開されたばかり。監督は、「Lemon」「馬と鹿」「カムパネルラ」を手掛けた映像作家の山田智和氏。淡く青い世界の中、光を求め、切実に歌をうたう米津が印象的なMVとなり、大きな話題となっている。

 その中で配信された「Pale Blue」は、配信直後から数多くの音楽配信チャートにて1位を獲得し、リアルタイムランキングを合わせると、33冠を獲得している。9日発表された6/14付オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングでは、週間売上8.9万DL(88,873DL)で初登場1位を獲得。また2021年度における初週ダウンロード数でも、最高DL数を打ち出し、2021年度最高記録を達成した。

 盛り上がりを見せる中、いよいよ来週6/16にはニューシングル「Pale Blue」が「パズル盤」「リボン盤」「通常盤」の3形態でリリースされる。日本テレビ系「news zero」テーマ曲「ゆめうつつ」、新曲「死神」と全3曲収録。現在iTunesではニューシングル「Pale Blue」のプリオーダーもスタートしている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)