【MUSIC STATION ウルトラSUPERLIVE 2020】Mr.Childrenが「Birthday」「Documentary film」を披露した。

 Mr.ChildrenはMステ出演は5年ぶりとなった。この日に披露する「Birthday」は『映画ドラえもん のび太の新恐竜』主題歌で、この映画を観たという桜井和寿は「泣きました」と、感想を述べた。

 繊細なギターの音色から始まった「Birthday」。ボーカルインすると4つ打ちのビートが重なり、徐々に熱量を上げ、清涼感と情熱あふれる展開をみせる。エモーショナルな表情と歌唱を見せる桜井の姿が印象的に映える中、コーラスのバースや緩急を効かせる楽曲展開と、壮大な世界観を示した。

 そして、“何気ない日常を慈しみ歌った最新曲”という「Documentary film」では、ピアノの音色の導入からゆっくりと桜井がボーカルを重ねる。ミディアムバラードをじっくりと演奏しつつ、Mr.Childrenは、バンド感がみなぎるダイナミズムの演奏で魅了した。

 Twitterでは、「最高のクリスマスプレゼント」「桜井さんの歌声が以前にもまして力強い」「引き込まれてしまった」など、反響を集めた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)