初代TikTok弾き語り界の貴公子あれくん、涼真、岩村美咲によるユニット夜韻-Yoin-が24日、8月5日にデジタル配信でユニバーサル ミュージックより新曲「Seafloor」をリリース、メジャーデビューすることを発表した。

「Seafloor」ジャケ写

 圧倒的な癒し声を武器に、インディーズでTikTok掲載が切っ掛けで「ばーか。」が話題になり、Youtube再生回数430万回を超え注目を集めているシンガーソングライターの「あれくん(23)」。Composerであり、繊細な音を作るギタリスト涼真(21)。明暗を自在に操るタッチで心を奪うピアニスト岩村美咲(23)。

 違う世界の色をもった3人が癒しの覇者となるユニット「夜韻-Yoin-(読み=よいん)」を結成。

 夜韻-Yoin-が8月5日にデジタル配信で、ユニバーサル ミュージックより新曲「Seafloor」をリリース、メジャーデビューする。

■夜韻-Yoin-(読み=よいん)

 「僕たちの音楽でみんなの全てから余韻を感じ取ってもらえるように。」
シンガーソングライターでアコースティックイメージのあれくんと、今どきの若手ロックバンドギタリスト涼真、そして音大出身で華のあるピアニスト岩村美咲。
見た目も背景も違う3人の出会いは、2020年3月にデジタルリリースしたあれくんの1stアルバム『白紙』の制作時。あれくんが「涼真と美咲と僕はそれぞれ辿ってきた音楽が全然違うので、それが良い化学反応を起こしてくれるんじゃないか、面白そうだな」と思い声をかけ、結成。

■メジャーデビュー第1弾楽曲「Seafloor」

 少年がある哀しみにとらわれている情景を描写。今の時代の若い世代の心の闇の言葉を代弁しているかのように言葉が深く浸透し、沈んでいく。あれくんらしい優しい声、涼真のバンドスキルの高い編曲、そして描写にあわせた感情的な岩村美咲のピアノ、3人が調和した傑作曲。一度聴いたら耳に残る新曲「Seafloor」は2020年のブレイクを予感させる。

作品情報

夜韻-Yoin-(読み=よいん)
タイトル:Seafloor
デジタル配信シングル
発売日 2020年8月5日(水)

▽PROFILE(それぞれの近況)

・あれくん(Vocal&A.Guitar)
RO JACK for ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2020優勝(rockin'on presents)。
ロック業界でも将来を期待される注目のアーティストになった。
2020年6月12日には「りりあ。」と自身のヒットソング「ばーか。」でフィーチャリング、話題を呼んだ。ソロでも勢力的な活動はまだ止まらない。
「誰かの人生の支えになれるようなそんなアーティストになりたい。」という強い想いがある。

・涼真(Composer&Guitar)
平均年齢20歳の横浜発5人組ロックバンドMAKE OWN LIFEのリーダーを務め、バンド活動も勢力的に行っている。

・岩村美咲(Piano&Director)
国立音楽大学を卒業しサポートミュージシャンや、ピアノ音源の作編曲などの活動の中、
2019年からソロ活動にも踏み切り、ピアノソロアルバム「約束」をリリース。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)