ファーストアルバム「東京恋文」が、第58回 日本レコード大賞企画賞を受賞したシンガーソングライター蘭華が、昨秋発売したニューシングル「ねがいうた/愛を耕す人」が、発売から7ヶ月が経過した今年5月に、オリコン週間ランキング演歌・歌謡部門で最高位の3位を記録。

 恩師への愛、無償の愛、永遠の愛を表現した、蘭華が贈る愛の三部作となっている今作が、“コロナ禍で聴きたい曲”としてロングセールスを続ける中、6年前の2015年7月に発売したデビューシングル「ねがいうた/はじまり色」も再浮上。収録曲の「心風景」は、戦後70年の節目の年に蘭華が発表した平和を願う反戦歌で、いつまでも美しい故郷よ、消えないでという祈りや、家族を想う兵士の惜別の想い、哀しみが込められている。

 8/13付オリコンデイリーランキング演歌・歌謡部門で、デビューシングルとニューシングルが、2位と3位に同時ランクインし、8/14付ランキングでは、1位と2位にランクイン。デビューシングルが6年たって再ヒットの兆しだ。また、8/23付オリコン週間ランキング演歌・歌謡部門では、「ねがいうた/はじまり色」が6位、「ねがいうた/愛を耕す人」が8位と、2作品がベスト10に同時ランクインする快挙を達成した。

「ねがいうた/愛を耕す人」ジャケ写

 表題曲「ねがいうた」は、亡き父や恩師に「成長して夢を叶えた姿を見てほしい」との想いで書いた珠玉の名曲で、コロナ禍の今、支えてくれたすべての人達へ贈る感謝と恩返しの歌として新録。今回、その新旧の「ねがいうた」が収録されたシングル盤が2作同時にオリコンの上位にランクインし、音楽シーンでも歴史的な記録となった。

 また、ニューシングル「ねがいうた/愛を耕す人」に収録されている「愛を耕す人」は、一昨年、アフガニスタンで凶弾に倒れたペシャワール会現地代表の中村哲医師に捧げた鎮魂歌で、社会性のあるテーマと純粋なメッセージが全国的に話題となった。

蘭華コメント

 6年前にデビューシングルとして発売した「ねがいうた/はじまり色」と、その表題曲の「ねがいうた」を新録したニューシングル「ねがいうた/愛を耕す人」が、オリコンランキングの上位に2作同時チャートインするという出来事に驚いています。シンガーソングライターとして魂を込めて作った作品が、長い年月を経て、沢山の方達に届いていることを嬉しく思います。コロナ禍で思うような活動ができていませんが、私が曲に込めたメッセージが、日本中の多くの人達に届きますように。そして、早く平穏な日々が訪れ、皆様と笑顔でお会いできる日が訪れるよう心から願っています。

作品情報

デビューシングル「ねがいうた/はじまり色」2015年7月22日(水)発売
「ねがいうた」「はじまり色」「心風景」カラオケ含む全5曲収録
1,111円+税 AVCD-83309

「ねがいうた/はじまり色」ジャケ写

ニューシングル「ねがいうた/愛を耕す人」2020年10月7日(水)発売
「ねがいうた」「愛を耕す人」「あなたに愛されて」カラオケ含む全6曲収録 1,227円+税 TKCA-91307

蘭華プロフィール

出身:大分県 趣味:温泉巡り/旅行/俳句/アート鑑賞/寄り道/はしご酒
特技:温泉ソムリエ、書道七段

 美しく透明感溢れる歌声と、日本文学や和の心を表現した詩の世界、J-POPと歌謡曲を融合させ、二胡や和楽器、民族楽器をサウンドに取り入れたオリエンタルな世界観が、幅広い世代から注目の癒し系シンガーソングライター。

 2015年、人気作家よしもとばなな原作の映画『海のふた』主題歌を収録した両A面シングル「ねがいうた/はじまり色」でメジャーデビュー。
2016年、蘭華が全曲の作詞作曲を手掛けた1stアルバム「東京恋文」が、『第58回 日本レコード大賞企画賞』を受賞。2018年、2ndアルバム「悲しみにつかれたら」をリリース。現在J-POP、アニソン他、様々なジャンルのアーティストへの楽曲提供を行い、作家としても活動している。2019年秋からは、縁結びの地で有名な島根県出雲市の観光大使も務めている。

レギュラー

エフエム出雲「大好き出雲 蘭華の歌縁」
毎週日曜 22:00~22:30

DARAZ FM「蘭華の歌縁」
毎週金曜23:00~23:30、毎週土曜20:00~20:30(再放送)

蘭華オフィシャルウェブサイト http://rankaweb.net/

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)