左から大谷映美里、齋藤樹愛羅、野口衣織(撮影=村上順一)

 指原莉乃がプロデュースするアイドルグループ=LOVE(イコールラブ)のメンバー大谷映美里、齋藤樹愛羅、野口衣織が、都内でスマートフォンを使った確定申告書の作成を模擬体験。e-Tax(電子申告)をアピールした。

 e-Taxとはインターネットで国税に関する申告や納税、申請および届出などの手続きができるシステム。メンバーの大谷映美里、齋藤樹愛羅、野口衣織が実際に確定申告書の作成を模擬体験した。

 大谷は「4年連続 =LOVEを起用していただいて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。 今回は初めての出演の衣織と樹愛羅と一緒に撮影ができてすごく嬉しかったです。私の誕生日が3月15日ということで、確定申告の締め切り日と同じなので、毎年出演させていただいて本当に嬉しいです」とコメント。

 確定申告のイメージについて野口は、「やっぱり難しいイメージがあります。私たちも確定申告しているんですけど、 準備をする時も大変で、「あ〜」となっちゃうことがよくあるんですけど、e-Taxはとても気になっていたので楽しみです」と話した。

 そして、 =LOVE最年少メンバーの樹愛羅が実際に確定申告書の作成を模擬体験を行った。真剣な面持ちでスマホを見ながら進めていく樹愛羅。入力も佳境に突入したところでデモンストレーション用に用意された銀行支店名の「カスミガセキ」を「セキガハラ」と入力していたことに3人は爆笑。樹愛羅は「頭の中で勝手に“セキガハラ”と変換してしまいました...はずかしいです」と苦笑い。

支店名を打ち間違えて爆笑する3人

 源泉徴収票のスマホ自動入力を体験してみて樹愛羅は、「すごかったです。カメラで(源泉徴収票を)読み込んで、10秒もしない間に自動入力されていいたので、びっくりしましたし、ケタ間違いも減るんじゃないかなと思って、すごいよかったです」と驚いた様子。

 樹愛羅の作業を隣で見守っていた大谷は、「娘を見るような気持ちで見ていました。でも、1人でサクサク進められていたので、やっぱりスマホでできるのはすごく簡単だなと思いました」と改めてe-Taxの手軽さに感心。

 野口は、「難しい言葉でいっぱいなのかなと思ったんですけど、とてもわかりやすくて、本当に簡単なんだと思いました。これを使うことによって、きっと心にも余裕ができるんじゃないかなと思ったので、もっとお金のこと、税金のことを知りたいと思いました。ぜひたくさんの方に使っていただけたら、私たちも嬉しいです」と述べた。

 現在=LOVEは自身初となるアリーナツアー『=LOVEアリーナツアー2024「Tell me what's more than "LOVE"」』開催中。3月6日には野口がセンターを務める16thシングル「呪って呪って」がリリースされる。表題曲は「オダイバ恐竜博覧会2024 -福井から“ヤツラ”が新幹線でやってくる!-」タイアップソングに決定している。【村上順一】

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)