=LOVE(撮影=村上順一)

 指原莉乃がプロデュースするアイドルグループ=LOVEが6日、都内で15th シングル「ラストノートしか知らない」発売 記者会見を行った。表題曲「ラストノートしか知らない」やMV撮影に関するトークセッション、新曲にちなんだトークを展開。デビュー6周年を迎え、2024年の抱負や成長し続ける秘訣を語った。

 齋藤樹愛羅が初の表題曲センターを務めた15th シングル「ラストノートしか知らない」 。本作で15作連続でオリコン・週間シングルランキングTOP10入りを成し遂げた。記者会見は本作の魅力についてメンバーが語ったあと、「ラストノートしか知らない」にちなんだ企画コーナーへ。

 表題曲の歌詞は、だめだとわかっていてもやめることができない恋心を表現した楽曲となっており、メンバーがダメだとわかっていてもやめられない「甘くて危うい好きなこと」について発表した。

 トップバッターの大谷映美里は、「ニンニクマシが好き」と発表。二郎系のラーメンが大好きだという大谷は、MV撮影の休憩時間にもラーメン屋に行ったと明かした。「もしかしたらにんにく臭い時があるかもしれない」と話すと、メンバーはそんなにニンニクを食べているとは気づかなかったと驚いていた。

 音嶋莉沙は、「限定モノが好き!!」と発表。「コスメやお菓子なんですけど、秋限定とか言われると絶対に買いたくなっちゃうのでやめられない」と悩ましげ。思い出に残っている限定ものは?と聞かれると、「お芋系のチョコレートがあったんですけど、それがすごく美味しくて。また食べたいと思ったのですが、なくなってしまってすごく悲しかったです」と話した。

 諸橋沙夏は、「深夜に観るドラマが好き」と発表。次の日が朝5時起きでも続きが気になり絶対に見てしまうという。その中で、「最近ハマっているドラマがあるんですけど、結構ドロドロした感じなので、関係性がどうなっていくんだろう? みたいな感じで昨日も観てしまいました」と、今日の朝4時まで観てしまったと中毒ぶりを明かした。

 髙松瞳は、「コンビニで“爆買い”が好き!」と発表。3ヶ月周期でやってくる衝動で、歌番組など大きなお仕事が終わったら、コンビニをハシゴし1万円ほど購入するという。“緑色のコンビニ”の冷凍つけ麺がすごく美味しいとお薦めした。

 瀧脇笙古は、「UFOキャッチャーが好き」と発表。お菓子を獲るのが得意だという。以前、髙松とぬいぐるみのクレーンゲームで遊んだ瀧脇は、「獲れなくてずっとやってました。お財布が危ういです」と苦笑い。最近はキャッシュレスでゲームがプレイできることから、2人のメールの履歴がクレーンゲームで埋まっていたと明かし、全く獲れなかったことから、「お菓子のクレーンゲームだけにしておこうと思いました」と自身を戒めた。

 佐々木舞香は、「そのまま食べる塩が好き」と発表すると、メンバーが「心配」とざわついた。「どういう時に食べるの?」と聞かれた佐々木は、「口寂しいとき、おやつ感覚で塩とお茶を…」と、塩をお茶菓子代わりにしていると明かした。以前はアメ感覚で塩を持ち歩いていたこともあったという。

 大場花菜は、「アツアツなお風呂が好き」と発表。その理由として、「冬なのであったかいお風呂に入りたいじゃないですか。最初入ったときはちょっとぬるいかなと思って、追い炊き機能を使って、どんどん温かくしていくんです。熱湯風呂になって『めっちゃ熱い!』となって(お風呂から)出ます」と追い焚きのやりすぎで贅沢をしすぎてしまうので危ういと語ると、メンバーから「最初から熱くしておけばいいんじゃない?」とツッコまれ、大場は「そうか!」と笑いを誘った。

 山本杏奈は、「コンプするまで回すガチャガチャ」と発表。山本はTWICEファンで、そのカプセルトイの景品を全種類コンプリートするために 4〜5 店舗ほどお店をハシゴ。トータルで20回ほどは回すと明かした。コンプリートするまでの金額を把握するために、「1店舗目で(何回)回しました」と佐々木に回数を報告しながら楽しんでいるという。佐々木は「熱量がすごい」と感心していた。

 齋藤樹愛羅は、「回転寿司でお皿を早く取るのが好き」と発表した。今年から回転寿司に1人で行くようになり、だんだん流れてくる寿司がレーンで止まっているのが嫌で、お寿司が流れてきた瞬間にいかに早くお皿を取れるか、という不思議なルールを明かした。そうすることで「さらに(お寿司が)美味しくなります」と楽しそうに語った。

 野口衣織は、「カップ麺をたべてすぐ寝るのが好き」と発表。食べて寝るのが一番体にいいと持論を展開。深夜12時を回って寝る時間に食べるという野口。「カップ麺を食べると血糖値が上がって眠くなるので、そのまま寝るのが一番気持ちがいいです!」と話し、昨日の深夜もカップ麺を食べ、しかも替え玉までしたことを申し訳なさそうに話すと、「家で替え玉ってなに!?」とメンバーを驚かせた。

 フォトセッション終了後には囲み取材を行った。来年の抱負として山本は「歌番組さんに今年は出演させていただく機会も増えて、本当に嬉しくて感謝の気持ちでいっぱいなのですが、まだCMやタイアップなど、グループでやってないことにももっと挑戦していきたいねという話はしています。いつかテレビを見ている時に自分たちのCMが流れるようにもっと頑張りたいと思っています」と展望を語った。

 今年はさいたまスーパーアリーナ2daysを成功に収め、来年2月から=LOVEアリーナツアー2024「Tell me what's more than "LOVE"」を開催するなど、活動のスケールを拡大している=LOVE。そんな彼女たちが「成長し続ける秘訣は?」と聞かれた佐々木は、「みんなで褒め称えています。イコラブってみんなすごいんだぞ!というのをお互いに教え合って意識を高めているというのが大きいかもしれないです」。

 野口は、「指原さんからいただく楽曲が年々大人っぽくなっていたり、指原さんからの熱いメッセージがこもった楽曲をいただくことが多いので、みんながそこに向けて頑張っていく中で、そうなっていっているんじゃないかなと思います」。

 最後に山本は、「毎日褒め合っていて、ライブ前の円陣でも『よし、私たちは可愛い』と自分たちに言い聞かせてやっています(笑)。私たちは自己肯定感が低いと言われていたグループなので、まずは自分たちを高めて自分たちが楽しくなければという気持ちが強くなっている気がしています」と回答し、記者会見を締めくくった。【村上順一】

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)