日本代表に選出された植田明依さん



 『2024ミス・インターナショナル日本代表選出大会』がこのほど、都内で行われ、熊本県出身で高校の家庭科教員・植田明依さんが日本代表に選ばれた。翌年開催されるミス・インターナショナル世界大会開催に向けて日本代表を決める大会。全32人のファイナリストの中から栄えある1位に輝いた。

 【動画】日本代表に選出された植田明依さん。水着、ドレス、着物審査と囲み取材の様子

 16都道府県出身32名のファイナリストの中から、着物、水着、ドレス姿やスピーチ審査などに挑んだ。日本代表に輝いた植田さんは、バランスの取れた美しい身体、艶やかで透明感のある素肌、そして気品溢れる凛とした立ち姿、華やかな笑顔など多くの点で評価された。

 さらに教育者として従事しており、今後のビジョンや活動がミス・インターナショナルが行う社会貢献活動や友好親善活動などと繋がり合う点が多いことから、見事優勝の栄冠に輝いた。

 この1年を振り返り「悩んだり泣いたりする日もありましたが、何よりも思うことは楽しかったの一言です。私が本日まで輝くことが出来たのは、自分を信じ、周りを信じてきたからです」と喜んだ。

 兄は日本代表・植田直通選手。大会前日に連絡を取りエールを受けていたといい「兄は世界を舞台に戦っているサッカーでしゅんです。私もいつか追いついて、世界と戦えるような人になりたいと思っています。日本代表になれたのは誇りに思い、幸せに思います」と喜んだ。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)