松田龍平と西野七瀬



 松田龍平、西野七瀬、バカリズム、関和亮監督が7日、都内で行われた新作発表会「#DMM TV まつり ~Original Content Lineup~」に出席した。

 【動画】劇中でボケ倒しの松田龍平、ツッコミに挑戦の西野七瀬。発表会ノーカット

 DMM TVオリジナルドラマ第一弾となる「ケンシロウによろしく」。復讐のために『北斗の拳』を読むなど技を習得していくが、なぜか史上最強の凄腕マッサージ師となった男の姿を描く。主人公・沼倉孝一を松田龍平が演じ、西野七瀬は沼倉の元で働くこととなる坂本里香役を務める。また、バカリズムが脚本を手掛ける。

 松田は「(沼倉を演じるにあたって)体を作らなきゃいけなかったので、めちゃめちゃ食べて、筋トレもしました」とコメディドラマでありながら本気で役作りをして臨んだことについて触れた。そんな沼倉については「一言でいうと、やばいやつ」と簡潔な説明で会場を沸かせた。また講師の方にもついてもらいながらマッサージシーンにも挑戦した。

 バカリズムは「元々原作が好きだし、実写化作品に対していいイメージがなかったんです。でもジャスミン先生から僕の名前が出たと聞きまして。自分が断って他の人に変にされるよりは、自分が責任をもって、守りたい、作品を面白くしたい!ということで引き受けました」と原作の大ファンだからこその葛藤を語った。

 関監督は松田、バカリズムと本作で監督したことについて「単純にプレッシャーを感じましたね。面白くしなきゃと。でも実際は和気あいあいと撮影できました。松田さんが空気を作ってくださって」と裏話で盛り上がる一幕も。

 本作のヒロインで、主人公・沼倉の技術にあこがれを抱き弟子入りしたマッサージの専門学校生・坂本里香を演じる西野。「真面目で、寝たきりのお父さんの医療費や自分の学費払うために働いているんですけど。沼倉先生ってちょっとやばくて(笑)里香じゃないとついていけないんですけど、里香もちょっと…」と笑いを誘いながら説明した。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)