下尾みう(C)Vernalossom

 AKB48の下尾みう(21)が、AKB48海外姉妹グループを統括する事務所「Vernalossom(ヴァーナロッサム)」に移籍する。

 Vernalossomは、海外で活動するAKB48海外姉妹グループの統括、日韓合同のグローバルグループ、IZ*ONEの日本での運営、グローバルに活躍するアーティストのマネジメントや新規事業などを展開してきた。

 今回の移籍に伴い、グローバルに知名度を広げていく第一弾として、中国でのSNS「weibo」と「小紅書(RED)」の下尾みう公式アカウントを来年1月22日の旧正月明けから開設する予定。

 また来年には、下尾みうの初主演映画となる「美男ペコパンと悪魔」が日本全国の映画館にて公開されることが決まっている。

 下尾は、2014年にAKB48チーム8山口県代表としてデビュー。2018年に日韓同時放送された公開オーディション番組「PRODUCE48」に出演、ファイナリストの中で個人フォーカス動画が注目され、韓国、中国、タイなどアジアでの人気が急上昇、その年の「アジアで最も美しい顔 100」にノミネートされた。今年10月に発売されたAKB48のニューシングル「久しぶりのリップグロス」では選抜メンバーとして歌番組などで活躍中。

下尾みう:コメント

 この度、Vernalossomに所属することになりました。

 これまでのAKB48の活動に加えて、AKB48を広めることのできる活動がしたいと思い、移籍することを決めました。

 ファンの方と楽しめる活動も増やしたいなと思っています。

 これからも、引き続き応援をよろしくお願いします。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)