ニューヨーク現地時間11月17日、米津玄師を起用したSpotify巨大街頭広告がニューヨーク・タイムズスクエアに登場。米津が描いた「KICK BACK」のジャケットと、チェンソーマンのビジュアルと共に三面を使用して展開された。また、11月18日より開催中の「Anime NYC」では、会場内ビジョン、及びNYCミッドタウン周辺のサイネージに「KICK BACK」MVを使用したSPOTが上映。米津玄師「KICK BACK」がNYCをジャックしている。

 ニューヨーク・タイムズスクエアの広告は縦60メートルにも及ぶ巨大デジタルサイネージで、現地時間11月17日〜19日の間、米津玄師のアーティスト写真、「KICK BACK」ジャケット、「チェンソーマン」のビジュアルを使用した三面仕様。大きく「KENSHI YONEZU」の文字が映し出されている。

 また、ニューヨークで11月18日〜20日に行われる最大規模のアニメの祭典「Anime NYC」では、メインのスクリーンを含め大小70ヶ所で、「KICK BACK」MV映像が上映される。同イベント開催期間中、会場近くのミッドタウン周辺のデジタルサイネージ73ヶ所でも同じくMV映像が放映される。

 「KICK BACK」は、10/12に先行配信されるとすぐにSpotifyグローバルランキングでTOP50にランクインし、国内アーティスト初の記録を作ったほか、国内Billboard JAPANランキングでは週間総合1位を記録(10/19付)。

 アメリカでは「チェンソーマン」が大きな話題となるなか、「KICK BACK」を使用した二次創作が大量にSNSに投稿され、Spotifyグローバルチャートでは、バイラルチャートで72の国と地域(Global含む)でランクインし、バイラルチャートTOP5では30の国と地域でランクインした。

 ストリーミング再生は、配信からわずか1ヶ月という短さで、グローバル合計1億再生を突破した。

■ニューヨーク・タイムズスクエアのSpotify広告
ニューヨーク現地時間11月17日〜11月19日まで

■Anime NYC会場・ミッドタウン周辺のサイネージ
ニューヨーク現地時間11月18日〜11月20日まで

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)