INTERVIEW

水橋かおり

「音質にもこだわってみたい」飽くなき探求心


記者:村上順一

写真:

掲載:22年11月23日

読了時間:約4分

 声優の水橋かおりが、TOKYO MXで放送中のアニメ『ある朝、ダミーヘッドマイクになっていた俺クンの人生』に出演。浅草かおりを演じる。同作のストーリーはASMR甲子園出場を目指す高校生の浅草ゆりと、そんな彼女をどこか冷ややかに見守る蔵前ぱんだ(CV.鬼頭明里)。そんな2人を取り巻く友人たちと突如ダミーヘッドマイクに転生した“俺クン”と繰り広げる“新感覚ASMRドタバタコメディ”作品。MusicVoiceでは水橋かおりにメールインタビューを実施。本作の見どころや、いま声優として追求していること、ASMRに興味津々だという水橋に聞いた。【取材=村上順一】

現場のマイクを“ガン見”

浅草かおり(C)俺クンの人生製作委員会

――転生モノとしても特殊な作品ですが、出演が決まった時の心境はいかがでしたか。

 まずはなんと言っても、あっ!名前おんなじ!と(笑)。

 ダミーヘッドマイクは個人的に以前から注目してきたマイクなのでこれをテーマにするとか未来がきてるな、と思ったらそれ以外のものにも…俺クンどうなってしまうんでしょう。もはや何に転生するとしても全て受け入れていくのかな。これって面白すぎませんか?(笑)。

――水橋さん演じる、浅草かおりはどんな人物だと思いますか。

 すごく自由な人なのだけど、そこに至るまでにいろんなことを見聞きしてきて、どの記憶も経験もとっくるめて自分のものにしてる感がありますね。でも寂しがり屋で甘えん坊ぽいのが見え隠れしているのは気のせいなのかな…?

――浅草かおりにアプローチするにあたって、どのような準備をされました?

 女の子たちとの距離感や関係性がどんな感じなのか、を見てからかおりさんのキャラをつめていきました。あと、かおりさんの自然体を生かしつつ効果的にASMRを聴かせるコツなども…。

――アフレコ現場で印象的だったエピソードがあればお聞かせください。

 ダミーヘッドマイクがテーマなので、現場のマイクを“ガン見”してしまいました。そして、スタッフの皆さんは真剣に内容について話したり、打ち合わせされていてプロのお姿から改めて学ばせていただきました。1人収録だったのでブース内で孤独なのは、このご時世ということもあり仕方ありませんね…。

――「ある朝、ダミーヘッドマイクになっていた俺クンの人生」の見どころは?

 俺クンの流転していく運命…なんの因果でこんな転生を繰り返すのか…とか書くと重厚感も出ちゃうのに、基本クスッと笑えたり、チクッと心になにか寂しさがあったり、ふわりと癒しがあるところでしょうか?

転生できるとしたらクマムシ

浅草かおり(C)俺クンの人生製作委員会

――ASMRは普段活用されたりしていますか。

 割と本気でダミーヘッドマイクほしいです…でも高い…顔型ではなくて耳のみ?みたいなのもあるって教えて頂いたのですがこれもなかなかなお値段で…これを使って自分でもASMR録ってみたいです。声だとまわりをくるくる回って実際身体の動きつけながら演じるのも面白いです。

――本作でお気に入り、もしくは気になっているキャラは?

 娘ちゃんたちは本当に可愛くて大切に思ってます。甘やかしたいし甘えたい存在…好きですね

――もし何かに転生できるとしたら、転生してみたいものはありますか? 

 そういえばまだ宇宙に行く夢を叶えてないなあと思ったので、宇宙でも生存可能と言われているクマムシで(笑)。

――いま声優として追及されていることは?

 音としてもっとも気持ち良く響く声の出し方?ですかね。ASMRに興味を持ったので演技だけではなく音質にももっとこだわってみたいなと。

――水橋さんの活動の原動力になっているものは?

 やっぱり作品を見て、聴いて、楽しんでいただける方々の存在です。たくさんの選択肢がある中、選んでいただきありがとうございます。

――この作品を楽しみにしている読者にメッセージをお願いします。

 少し笑ったり癒されたり、皆様と一緒にワクワクしながら一同頑張っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします!

作品情報

『ある朝、ダミーヘッドマイクになっていた俺クンの人生』

2022年10月12日~12月28日
毎週水曜日25:00~25:05
放送局:TOKYO MX

『ある朝、ダミーヘッドマイクになっていた俺クンの人生』(C)俺クンの人生製作委員会

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)