≠ME(ノイミー)が10月15日、グループ最大のコンサート会場である千葉県・幕張メッセイベントホールで“≠ME全国ツアー2022「もしこれが恋ならば君しか無理なんだよ」”を開催した。

 会場に集まった6,000人のファンの期待が高まる中、楽曲は『まほろばアスタリスク』でスタート。今ツアー用に作られた水色の新衣装を身にまとったメンバー1人1人がフィー チャーされる演出で、“推しメン”の登場に会場が一気に熱を帯びた。『秘密インシデント』・『クルクルかき氷』・『ポニーテール キュルン』・『好きだ!!!』と5曲続けて披 露し、MCに入ると、落合が「気持ちは12人で頑張ります!」と意気込みを話し、河口から「会場をアツアツにするダジャレをお願いします」と振られた川中子は「幕張メッセ で、時間を巻く・・・Harry!」と渾身のダジャレを披露し、おそらくアツアツにすることに貢献した。

 衣装を着替えたメンバーが登場すると、ユニット曲のコーナーに。あざと可愛い楽曲『#おふしょるにっと』、≠MEの歌唱力を存分に魅せる『薄明光線』、映画の挿入歌に起 用された『誰もいない森の奥で一本の木が倒れたら音はするか?』を披露。さらに冨田菜々風のソロ楽曲である『空白の花』を、蟹沢と川中子が加わる形の3名でしっとり歌いあ げ、会場を魅了した。

 河口のセンター曲である『こちらハッピー探検隊』では、客席通路にメンバーが登場し、楽曲のテーマである“ハッピー”の掛け声と共に敬礼ポーズで会場と一体感を作り上げ、 つづく『サマーチョコレート』では鈴木・谷崎がたくさんの“可愛い”で会場を埋め尽くした。さらに≠MEの魅力を最大限に引き出す「ダンスパート」に入ると、ダンスを得意と する落合がそれぞれのメンバーとの掛け合いを披露。『チョコレートメランコリー』・『P.I.C.』ではステージ上に炎が上がる演出で、その迫力に思わず息を飲むほどのパフォーマ ンスを見せつけた。

 メンバーが去ったステージ上に、お笑い要素のある映像が流れると、そこには「イコラブの楽曲をカバーしろ!?」という指示が。楽曲が「CAMEO」と発表されると、会場から は思わず歓声が上がり、鈴木と谷崎のダブルセンターで渾身のパフォーマンスを行った。ここからはラストスパートと言わんばかりに、『す、好きじゃない!』・『てゆーか、み るてんって何?』・『君はこの夏、恋をする』・『「君と僕の歌」』・『自分賛歌』・『君はスパークル』・『僕たちのイマージュ』と、≠MEらしく一気にパフォーマンス。

 本編最後のMCに入ると、本日の感想を冨田が「今日こんなにも大きなステージに≠MEだけで立たせていただけて、いつも応援してくださる皆さんのおかげだと思います。本当 にありがとうございます。もっと大きいステージに立ちたい!って、さらに、さらにさらに強い気持ちが増したので、そんな夢のステージにいつか立てるようにこれからも皆さん と一緒に頑張っていきたいと思っています。だから、≠MEについてきてください!」と話し、最後は『虹が架かる瞬間』で“12人の≠ME”としての絆を感じさせる、感動的な終演を迎えた。

 会場からアンコールが響き渡ると、ステージスクリーンに映像が。 10月8日に行った全国ツアー・松戸公演の様子から時をさかのぼり10月1日の映像へ移ると、そこには冨田菜々風が美容室でヘアカットする様子が! 続けて11月23日に発売する5th シングルの楽曲タイトルが「はにかみショート」と発表されると、会場からは悲鳴にも似た歓声が響き渡った。

 さらに、サプライズでミュージックビデオの初解禁が行われると、MVの中にはばっさりショートカットにイメチェンした冨田の姿が映し出され、驚きを隠せないファンの目の前にその姿の冨田が登場!『はにかみショート』を初パフォーマンスし、ビッグサプライズをプレゼントした。

冨田菜々風(C)YOANI/KING RECORDS

同日昼に行なっていた「イコノイジョイ大運動会 2022」と、直前まで行っていたコンサート本編まではロングヘアーだった冨田は、自身のショートカット姿を披露し、これまでプロデューサーの指原莉乃と3年以上も髪の毛を切る相談を繰り返してきた背景もあり、第一声に「勝ちましたー!」と叫び、「シャンプーが楽です!」とショートカットならではのエピソードで笑わせた。

 アンコール2曲目の『「君の音だったんだ」』ではトロッコで会場を練り歩き、ラスト1曲『≠ME』では ステージ上からファンに手を振り、一人一人と目を合わせながらファンとの時間を楽しんで終幕した。 最後のMCで、明日から休養に入る川中子が「明日から休養させて頂くことになりました。そんな中でも温かく見守ってくださって、優しい言葉をかけてくださって、本当に有難 うございます。私はノイミーで歌って踊ることが本当に大好きなので、今日こうして少しでも素敵なステージに立たせて頂いて、パフォーマンスさせていただけたことがとっても うれしいです。また、みなさんと一緒にいろんなステージに行くためにしっかりと治して帰って来たいので、待っていて下さると嬉しいです。」とコメントした。

 鈴木は「こんなにたくさんの皆さんに実際にお会いすると、もっと好きになっちゃうなって思いました!こんなに愛されているなら、もっともっと大きいところへ行けるんじゃ ないかなって思いました!」と今後にさらに意気込んだ。谷崎は「私は人生で初めてコンサートに行った会場が幕張メッセで、だからこうしてアイドルとしてこのステージに立た せていただいて、一歩一歩前に進んでいける日々が大切だなと思いました!」と日々成長している実感を噛み締めた。

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)