桐谷美玲

 桐谷美玲が13日、都内で行われた『タグ・ホイヤー フォーミュラ1 × マリオカート リミテッドエディション アンベールセレモニー』に登壇した。

 スイスの高級時計ブランド「タグ・ホイヤー」が、任天堂の人気ゲームシリーズ「マリオカート」とコラボレーション。『マリオカート』をテーマにした『タグ・ホイヤー フォーミュラ1 クロノグラフのコレクターズリミテッ ドエディション』を発売する。

 小さい頃から『マリオカート』が好きでゲームもプレイしていたという桐谷。今回のコラボを聞き当初は「どうなるんだろう!」と期待感があったという。実際に商品を見て「タグ・ホイヤーのかっこ良さと合わさって、とても素敵なデザインです。時計にマリオやスターといった馴染みのキャラクターがでてくるので、何度も見てしまいます」と目を輝かせた。

 その桐谷は現在、育児と仕事を両立している。時間の使い方については「子供が生まれるまでは、自分の時間だけだったのでマイペースに過ごしていましたが、子供が産まれてからは24時間じゃ全然足りないですね(笑)。でも限られた時間を有意義にできたらと思って、いつも過ごしています」

 また「タグ・ホイヤー」が掲げるモットーが「Don't Crack Under Pressure(プレッシャーに負けるな)」であることから、これまでどのようにプレッシャーを乗り越えてきたかという問いにこう答えた。

 桐谷「昔は新しい環境や、お仕事にドキドキしていましたが、ある時からそれだけじゃプレッシャーに負けてしまう!と思い、楽しみながら何事もやっていこうというふうに考え方が変わり、そこからプレッシャーに勝てるようになりました」

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)