橋本愛

 橋本愛が21日、都内で行われた『第35回東京国際映画祭』ラインナップ発表記者会見に出席した。

 フェスティバルアンバサダー就任は2年連続。「光栄なことですし、役目を果たさないといけないと背筋が伸びる思いです」

 昨年は「楽しさやワクワクするという興奮を発信していた」という橋本。今年は「自分に何ができるのか」と考えたなかで日本の映画界が抱える課題について、自分の気持ちを発信していきたいという思いがあるといい、こう続けた。

 橋本「一番はハラスメントとよばれることや労働環境の問題など、映画界に限らずいろんな問題があるなと現場を経験して感じて。なかでも一番感じるのは世代間の溝というか、上の世代の方が必死に積み重ねたものを大事に守ろうとか、功績に誇りをもってモノづくりに携わっているんは素晴らしいこと。でもその一方で下や若い人の声を聞こうという姿勢がもう少し…。お互い声を聞き合う姿勢が大事な事だと思います」

 そのなかで自分自身が取り組んでいることにも言及した。

 橋本「クリーンな関係性が気づけるように示さないといけないと思っていて、下の世代の意見を聞いたとしても頭ごなしにノーだと言っている方がいたら表現方法を変えて。戦う姿勢ではなくちゃんと伝えることが大事。どっちが悪い、どっちが正しいというのは無くて、(考えを改める)きっかけになるようにコミュニケーションすることが大事だと思います」

Photos

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)