堂珍嘉邦、岡田奈々、井澤勇貴、田淵累生、平野綾、友近、雅原慶が出演し、玉野和紀が構成・脚本・演出・振付を担当、自身も出演するエキサイティング・エンターテインメント『Dream』シリーズの第3弾となる『The Dream Co-Star』が9日より明治座で開幕した。

 公演は全員参加のオリジナル曲「Dream giver」からスタート。つづいて、『Dream』シリーズ初出演メンバーの堂珍嘉邦、岡田奈々、井澤勇貴、田淵累生はJ-POP曲を披露。対して、共に『Dream』シリーズ二度目となる雅原慶、平野綾、そして本作品の構成・脚本・演出・振付・を担当する玉野和紀のミュージカル俳優陣は、自身に縁のある作品からの選曲。

『The Dream Co-Star』集合

 そのあとにやってくるのはスケッチコーナー。先ほどまでとは打って変わって、歌謡曲を短く繋ぎながらショートコントのようなテンポの良さで見せていく。J-POP やミュージカル楽曲を 歌い上げていたキャストが全力でふざけるギャップがおもしろい。スケッチコーナーを楽しんだ後は、日替わりスペシャルゲストのコーナーとなる。

 初日9日から11日は相葉裕樹、12日と13日は村井良大、14日はNMB48、15日は大原櫻子が出演。披露曲はゲストごとに違う。

 一幕の最後は、MISIA「明日へ」をゲストも含めた全員で歌唱する。

 二幕は歌謡ミュージカル「新説シンデレラ」で幕開け。童話をベースにしながらも、オリジナルのストーリー展開と本格的すぎる歌唱にスケッチコーナー以上の笑いが巻き起こる。このオリジナル・ショート・ミュージカルは、明治座『Dream』シリーズでしか見ることのできない醍 醐味でもある。

 大いに笑ったあとは日替わりスペシャルゲストにゆかりのあるナンバーを披露する。

 Show House『Dream』は、玉野扮する支配人と、主演オーディションを受けに来た(?)ゲストのコーナー。支配人がゲストのプロフィールを読み上げながら小ボケを繰り広げる。

 コンサート最終盤はミュージカル楽曲のコーナー。デュエット曲や過去の出演作にちなんだ曲などを披露し、最後は玉野が人生の悲哀を歌った「Mr.Bojangles」をタップと共に渋く披露した。歌、ダンス、芝居、笑いがふんだんに盛り込まれ、玉野を中心とした様々なジャンルで活躍するキャストたちの普段とは違う、新たな一面が見られる作品となっている。

 明治座創業150周年を華やかに彩る、胸が高鳴るライブエンターテインメント MEIJIZA 150th Anniversary Special Concert『Dream Co-Star』は、9月9日から9月15日まで東京・明治座で上演中。

公演概要

明治座創業150周年記念

MEIJIZA 150th Anniversary Special Concert『The Dream Co-Star』

【構成・脚本・演出・振付・出演】

玉野和紀

【出演】

堂珍嘉邦、岡田奈々、井澤勇貴、田淵累生、平野綾、友近(ダブルキャスト)、雅原慶(ダブルキャスト)

【日替わりスペシャルゲスト】

※出演日順

9日(金)〜11日(日)相葉裕樹
12日(月)・13日(火)村井良大
14日(水)NMB48※
15日(木)大原櫻子

※NMB48 出演メンバー:安部若菜、加藤夕夏、川上千尋、小嶋花梨、貞野遥香、塩月希依音、上西怜、山本望叶

【ダンサー】

松島蘭 今野晶乃 平井琴望 神谷玲花

【主催】 明治座 <公演情報>

明治座(〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町 2-31-1)

2022年9月9日(金)~15日(木)
開演時間 12:00/13:00/17:00/18:00
料金(税込)
S席 10,000円
A席 8,000円
U25 5,000円
※6歳以上有料/5 歳以下のお子様のご入場はご遠慮ください。

U25 チケットについて

※明治座インターネット予約「席とりくん」からお申込みください。
※公演当日 25 歳以下の方が対象です。
※ご観劇日当日、 身分証明書(コピー不可)をご提示ください。
※お席の場所、席種はお選びいただけません。
※お電話でのお取り扱いはございません。※明治座インターネット予約「席とりくん」、チケットぴあにて販売いたします。

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)