高橋海人(撮影=松尾模糊)

 King & Prince高橋海人(※高ははしごだか)が26日、都内で行われた映画『アキラとあきら』(三木高浩監督)の初日舞台挨拶に、横浜流星、竹内涼真、児嶋一哉、ユースケ・サンタマリア、江口洋介、三木監督とともに登壇した。

 池井戸潤による同名作(集英社文庫)を映画化。対照的な宿命を背負った二人の若者が、情熱と信念を武器に現代に立ち向かう感動巨編。竹内涼真が過酷な運命に翻弄される山崎瑛(アキラ)を、大企業の御曹司でありながら次期社長の椅子を拒み続ける階堂彬(あきら)を横浜が演じる。

 階堂の弟、階堂龍馬を演じている高橋。ユースケ・サンタマリアと児嶋とのシーンが多多く「急に役に戻るにはどうしたらいいんだろう?って思ってました。切り替えが得意じゃないので、切り替える力をお二人につけて頂いた」と笑顔。

 話題は「融資をしたいほど、情熱を注いでいること」について。高橋は「ベタ」と自分の飼っている熱帯魚をイラスト付きで紹介。「生活が整って仕方ないんですよ。餌のために早起きしたり、熱を注ぎまくってます」と親心を語った。(取材・撮影=松尾模糊)

Photos

none...

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)