横浜流星(撮影=松尾模糊)

 横浜流星が26日、都内で行われた映画『アキラとあきら』(三木高浩監督)の初日舞台挨拶に登壇。横浜は「なにか情熱を捧げている方にエールを送れる作品になったら」と思いを明かした。

 池井戸潤による同名作(集英社文庫)を映画化。対照的な宿命を背負った二人の若者が、情熱と信念を武器に現代に立ち向かう感動巨編。竹内涼真が過酷な運命に翻弄される山崎瑛(アキラ)を、大企業の御曹司でありながら次期社長の椅子を拒み続ける階堂彬(あきら)を横浜が演じる。

 この日は、竹内涼真、King & Prince高橋海人(※高ははしごだか)、児嶋一哉、ユースケ・サンタマリア、江口洋介も登壇した。

 横浜は「階堂チームはユースケさんと児嶋さんのマシンガントークのおかげで雰囲気はよかったです」と笑顔で振り返った。

 「期待値を超えたいと思ってました。新しいカタルシスをつけたいと思ってました」と並々ならぬ思いで臨んだ三木監督は「その突破口は主演の二人が若いキャスティングで、希望を切り開いてくれる映画にしたいと思ってました」と横浜と竹内の主演の狙いを明かした。

 話題は「融資をしたいほど、情熱を注いでいること」について。それぞれフリップを持って熱弁した。

 横浜が書いたのは「芝居」。「皆さんそうだと思うんですけど、僕にはこれしかなくて。芝居がなかったら自分じゃないんで。まだまだというのも分かっているので、もっと情熱を注ぎたいなと思って」と役者魂を感じさせた。

 最後に横浜は「一年前に作った作品が、無事僕たちの元から離れて皆さんの元へ届きます。この作品を皆さんで共有して大きくしてくれたら。山崎と階堂の生き方を観て、仕事を頑張っている方や何かに情熱を捧げている方にエールを送れる作品になったら」と語った。(取材・撮影=松尾模糊)

Photos

none...

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)