主演舞台『ミス・サイゴン』1500公演達成し、市村の主演通算870回を迎えた(C)Toho Co., Ltd. All rights reserved.

 市村正親が主演する舞台『ミス・サイゴン』が21日、都内帝国劇場でおこなわれた日本初演30周年記念公演・夜の部で上演1500回を達成。特別カーテンコールをおこなった。

 【写真】『ミス・サイゴン』1500公演達成カーテンコール

 7月24日からプレビュー公演を開催する予定だった『ミス・サイゴン』日本初演30周年記念公演は、7月の稽古中に、公演関係者に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が確認されたことから、稽古を数日間中断し、稽古の進行の都合により、7月24日~28日、7月30日昼の部を中止していた。

 医療専門家の監修のもと、公演関係者の経過観察期間を経て稽古を再開。感染対策、カンパニーの健康管理に細心の注意を払いながら、毎日の稽古を重ね、日本初演から足掛け30年間エンジニア役を演じる市村正親は、今回の『ミス・サイゴン』が初出演でキム役を演じる高畑充希の初日(7月29日夜の部)から公演を開始した。

 その後も慎重に公演を重ね、8月21日夜の部で1992年初演以来通算上演1500回を達成。世界的にも類を見ない、足掛け30年にわたって、エンジニア役を演じ続ける市村正親は、通算主演回数870回を達成した。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)