サザンオールスターズのキーボーディスト原由子が、ソロアルバム『婦人の肖像 (Portrait of a Lady)』を10月19日にリリースする。桑田佳祐が作詞・作曲を担当した収録楽曲の「ヤバいね愛てえ奴は」が8月17日に先行配信リリースされることが7月25日、わかった。
 
 先月6月25日(土)、サザンオールスターズの44回目のデビュー日に、原由子が31年ぶりのオリジナルアルバム『婦人の肖像 (Portrait of a Lady)』をリリースすることが発表された。言わずもがなサザンオールスターズの紅一点であり、キーボード・ボーカル・コーラス・アレンジなどを幅広く担当し、桑田佳祐に「バンドの音楽的かつ精神的支柱である」と言わしめるほどの、日本音楽界において欠かすことの出来ない女性ミュージシャンでもある原の待望の新作ということだけあって、発表を受けて音楽ファンの間で大きな話題となっている。約10年前から温めてきたアイデアの欠片を、2021年の今頃から、桑田佳祐の全面バックアップのもとゆっくりと時間をかけて楽曲として熟成させていった本作品は、見栄も虚勢もなく、あるがままに現代を生きる円熟味を増した原 由子の姿を投影するかのような作品に仕上がったという。

 全10曲の新曲が収録される『婦人の肖像 (Portrait of a Lady)』より、「ヤバいね愛てえ奴は」が8月17日(水)に先行配信リリースされることが本日発表された。本楽曲は、桑田佳祐によって作詞・作曲された楽曲で、現在毎週火曜日22時からNHK総合にて放送されているドラマ10「プリズム」の主題歌として起用されている。様々な愛の形を描くこのドラマに音楽として華を添え、ドラマの放送の度にSNS上で反響を呼んでいる。頭に浮かんだ情景をそのまま言葉にしていくように制作されたこの曲は、あたたかくシンプルな響きを持ったアコースティックギターや弦楽器の音色によって優しく、どこかミステリアスな雰囲気を漂わせる。愛への気付きを歌いながら、時には心の原風景を、時にはあの日いた土地の匂いを記憶の底から呼び起こすかのような、まさしく新しい「原 由子」を体現した、心揺さぶる情感豊かなアコースティックナンバーだ。

 配信リリースが決定したことを受けて、本日より全国のラジオ局で「ヤバいね愛てえ奴は」のオンエアがスタート!

 すでにTOKYO FM系列全国38局ネットで放送されている「桑田佳祐のやさしい夜遊び」ではオンエアされているが、満を持して全国オンエアの解禁となる。原 由子31年ぶりの新曲ラジオオンエア解禁を記念して、オリジナルグッズが当たるSNSキャンペーンがスタート!Twitterにて、サザンオールスターズ公式アカウントをフォローした上で、「#原由子」「#ヤバイね愛てえ奴は」に加えて、好きなラジオ局名、ラジオ番組名にハッシュタグをつけて楽曲リクエストメッセージをツイートした方の中から抽選で【31名】に『原 由子「ヤバイね愛てえ奴は」特製デニムカバーノート』が当たるというもの。個数限定の貴重なアイテムになるが、ラジオ局によっては番組で本アイテムが当たるキャンペーンを実施する可能性もある。

作品情報

配信シングル
原 由子「ヤバいね愛てえ奴は」
2022年8月17日(水)リリース
※各音楽ストリーミングサービスおよびダウンロードサービスで配信予定

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)