手紙を読む城桧吏(撮影・村上順一)

 城桧吏、柴崎楓雅、サニーマックレンドン、吉村文香、神木隆之介、新垣結衣、山崎貴監督が22日、都内で行われた映画『ゴーストブック おばけずかん』初日舞台挨拶に登壇した。

 本作は、『ALWAYS 三丁目の夕日』『DESTINY 鎌倉ものがたり』など、圧倒的なVFXで観るもの全ての心を奪った日本を代表する映画監督・山崎貴氏の最新作。“どんな願い事も叶えてくれる一冊の本=おばけずかん”を手に入れた子供たちを待ち受ける、数々の試練、新たな出会い、そして別れ――。「大人が知らないベストセラー」として子供たちに愛される児童書「おばけずかん」の世界を圧倒的なVFXで生み出し、手に汗握る冒険と、子供たちの成長物語を描く。

 総勢500人以上の中からオーディションで選ばれた本作の主人公、城桧吏。「学校の友達に『絶対に観るよ』と言ってもらえて、楽しみにしてくれているんだなと思いました」と周囲の反応に手ごたえを実感しているよう。

 一方、山崎監督からは「よく乗り切ってくれました。感情を露わにするシーンもちゃんと乗り越えてくれてすごいと思った」と絶賛されていた。

 この日は、新垣結衣、神木隆之介、山崎貴監督からサプライズプレゼントとして、表彰状が渡された。城は「ビックリしました。こんなに素敵なものをいただいてすごく嬉しいです」と喜んだ。

 クランクアップの際には教師役を務めた新垣結衣から手紙をもらった。今度はお返しにと子供たちが手紙を送った。城がしたためたのは…。

 「初めて新垣さんとお会いした時は緊張していましたが、撮影を重ねて緊張も解けてたくさん話すようになりました。ご迷惑をおかけした事もありましたが、とても楽しく過ごすことができて、またあの時に戻りたいと思うことが何度もあります。振り返るとスタジオ撮影の休憩時間に、みんなで小さな祠に行って、『撮影が上手くいきますように』とお願いした時が一番幸せで気分が上がり、より気を引き締めることができました。連れていってくれてありがとうございます。撮影の最後にお手紙をいただいたことがすごく嬉しかったです。お手紙を読んで手紙は心が温まるものだと改めて感じることができ、これから僕も誰かにお手紙を書く機会を増やしていきたいと思います。新垣さんには芝居の面でも学ばせていただきましたが、学んだ様々なことをこれからも生かしていきたいと思います。また新たな現場でご一緒することができたら、僕のくだらないギャグで新垣さんに笑ってもらいたいです」

 そして、神木、そして監督にも宛てた。

 「神木さんとは一緒のシーンがわずかで、なかなか話す機会がなかったのですが、声をかけていただいて嬉しかったです。これからもお会いすることがあった時はたくさんお話しさせてください。山崎監督にはお芝居のことだけではなく、たくさん楽しくお話しできて嬉しかったです。このような素敵な現場に僕を参加させてくださり本当にありがとうございました。楽しく無事に撮影を終えることができ、この場に立てることをとても嬉しく思っています」

 最後に城は「この場を借りて新垣さんからもらったお手紙にお返事できたことがすごく嬉しいですし、表彰状もいただいたので驚きと嬉しさでいっぱいです。この映画は夏にピッタで子供から大人まで全員が楽しめる作品なっているので、みなさんぜひ夏休みに何回も観てもらえたら嬉しいです」と締めくくった。

Photos

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)