鞘師里保に意外な一面を明かされ照れ吉岡里帆

 吉岡里帆が舞台初主演を務める「パルコ・プロデュース 2022『スルメが丘は花の匂い』」が22日、東京・伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAで幕が上がる。開演前には公開ゲネプロと会見が行われ、吉岡の意外な一面が明らかにされた。

 【動画】共演者に意外な一面を“暴露”され照れる吉岡里帆

 本作は、岩崎う大(かもめんたる)が作・演出を手掛ける作品。童話の世界に突如迷い込んだ主人公と、なんとか物語を成立させようとする童話の登場人物の奮闘を描く。

 シンデレラや浦島太郎など童話の登場人物が生まれる不思議な世界に迷い込んでしまった、会社員の縁緑(えにしみどり)を演じるのは吉岡里帆。「スルメ姫」という物語の主人公として生まれた少女クロエを演じるのは鞘師里保。

 クロエの幼馴染であるトム役には伊藤あさひ、クロエの父ハンス役は岩崎う大、クロエの幼馴染でトムの姉・ジーノを演じるのは牧野莉佳、クロエの母・レベッカ役にはもりももこ、旅人役に小椋大輔、スルメが丘に住む預言者・ノバ役をふせえりが演じる。

 舞台初主演を飾る吉岡。その座長の印象を共演者たちが明らかにしていった。初共演となる鞘師は「上品で知性のある方と思っていましたが、もちろんそれは変わらないんですけど、おっちょこちょいのところがあるというか」と切り出すと、ソフトボールのユニフォームを前と後ろ逆に着ていたことを明かした。

 一方のう大は「運動神経が悪い」とすると「何か動いてもらうときに、あんまり見ちゃいけないぐらいの運動神経の悪さで、これは簡単に動いてくれとはいえないぞ」。これにうなずくふせえり。当の本人は自覚がないようで「きびきび、まじめに、ちゃきちゃきしているつもりです」と笑った。

 一方、伊藤は「お腹が空いた時に物をくれる」と明かすも「食べ物で…もう少しいいエピソードないかな」と苦笑い。そんな吉岡だが、ふせは「副鼻腔炎になったときに漢方薬を買って来てくれて。とてもやさしい」。ただ最後は「みんなに気を遣う里帆ちゃんだけどちょっと間抜け」とほほ笑んだ。

Photos

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)