INTERVIEW

飯島寛騎

自身初のホラー作品で見つけた新たな表現:「オカルトの森へようこそ」


記者:村上順一

写真:木村武雄

掲載:22年07月30日

読了時間:約6分

 俳優の飯島寛騎が、7月22日(23:30~)からスタートするWOWOWオリジナルドラマ『オカルトの森へようこそ』(8月27日劇場版が公開)に出演。名無しの金髪ホスト風カリスマ霊能者・ナナシを演じる。『オカルトの森へようこそ』は異界とつながる祟りの森で、カメラに記録されていく戦慄の映像。白石晃士監督がメガホンを取った予測不能のノンストップ・ジェットコースター・ホラー・アドベンチャー。飯島は『仮面ライダーエグゼイド』で宝生永夢 / 仮面ライダーエグゼイド役として俳優デビュー。その後も『警視庁・捜査一課長』など多くの作品に出演。ホラー系の作品は初めてのチャレンジとなった飯島に、どのような意識でミステリアスなキャラクターであるナナシにアプローチしたのか。さらに本作を通して発見したことや活動の原動力について話を聞いた。【取材=村上順一/撮影=木村武雄】

蜂を刺激しないように撮影

木村武雄

飯島寛騎

――オファーを受けてどのように役にアプローチされましたか。

 今までやったことがないジャンルだなと思いました。その中で監督がイメージしていることと僕が感じ取ったもので話し合いながら本読みをしたのですが、声のトーンや行動の落ち着き具合だったり、どうやったら不思議に見えるのかというのは、自分の中で細かく作り込みました。ちょっとテンションを上げてしまうとチャラチャラした人にも見えてしまうので、森にいるのに冷たい雰囲気、「ここだけ水色」といったイメージをもって演じました。

――ホラー作品に出演は初めてとのことですが、ホラーはいかがでしたか?

 僕は怖い作品は苦手なんです。そんな僕にオカルトの面白さを白石監督が教えてくださって、作るのと見るのとではこうも違うんだと思いました。ただ、今作はSFチックなホラー作品なので、ホラーが苦手な方でも見やすいと思います。

――金髪というルックスもインパクトありますね。

 過去にも金髪にしたことはありましたが、ブリーチを3回というのは初めてだったので、ケアについて頭皮との相談はしました。髪を洗う時も毛が切れてしまったりしていたので、ちょっと心配でした(笑)。

――夏の撮影で、衣装はジャケットを着ていたので暑かったですよね?

 とても暑かったのですが、気合いで乗り切りました。どうしても汗が出てしまうので、出演シーン以外はジャケットを脱いで、氷を当てたりお昼休みは車の中でクーラーをガンガンに効かせて休んでました。

――暑さも大変だったと思いますが、演じる上で苦労されたところは?

 CGの敵と戦うシーンは大変でした。監督と僕のイメージが少し違っていた部分もあったので、現場で撮影しながら作っていきました。例えばもう1秒だけその仕草を長くやってみてほしいとか細かいリクエストもありました。監督自身もキャストとして出演しながらカメラを回していたので、それも新鮮でめちゃくちゃ楽しい撮影でした。

――中盤で崖から吹き飛ばされるシーンがありましたね。

 あのシーンは大変でした。吹き飛ばされること自体は大丈夫だったんですけど、近くに大きな蜂の巣があったので、それを刺激しないように撮影しました。

――セットはいかがでした?

 特殊メイクされている人形は怖かったです。控え室でご飯を食べる時にもその人形があって、おおっ!ってビックリしました(笑)。

――撮影を終えて、新たな発見や気づきはありましたか。

 自分ならこうするという新たな表現、思考を見つけました。それはこの作品に関われたことで発見できたことなので、参加してすごく良かったなと思います。

――具体的にはどんなところですか。

 今回、台本を読んでいるだけではわからないシーンもあったので、現場の空気を感じながら演じてみようというのが多かったんです。これまでの役は割と真面目なものが多かったですし、キッチリしたシーン、おちゃらけたシーンと起承転結をつけて演じていました。けれど今回は台本を読んで今はこういうイメージだけど、明日になったらまた違うかもしれないと感じるところがあったので、現場の空気感を大事にしようと思いました。特に除霊のシーンは台本を読んだ段階では中々イメージができなくて、強すぎてもキャラクターっぽくないし、弱すぎても伝わらない。なのでアクションシーンに関しては現場の雰囲気でやっていました。

人との関係値を大事に守っていきたい

木村武雄

飯島寛騎

――お気に入りのシーンは?

 ドラマ版では3話からナナシが登場するんですけど、視聴者からするといきなり金髪の男が出てきた、みたいな感じだと思うんです。その登場シーンは気に入っていて、そこから1話、2話とは違う展開になっていく、観ていただく方にとっても面白いイベントになっていると思います。

――隠れた見どころは?

 全て魅力的なところばかりなのですが、段取りの段階で皆さんこだわって作っていたのがキャラクターの仕草だったり細かい動きでした。僕は至って冷静沈着に演じていたので変化は少ないのですが、他のキャラクターとの温度差やモチベーションの違いを楽しんでもらえたらと思います。

――そんな共演者の方とのコミュニケーションは?

 宇野祥平さんは過去に仮面ライダーで共演したことがあって、それ以来だったのでけっこうお話しました。撮影で道の駅が控え室になっていた時があって、空き時間にみんなでアイスクリームを買いに行ったり、時期が夏だったので花火をやりました。みんなカメラが回っていない時は意外とフワッとしているんだなと思いましたし、ギスギスしたところは全然なくて、すごく居心地が良い現場でした。

――飯島さんが演じられたナナシは霊能者で超人じみた部分があります。飯島さんが出会ってきた人の中で「この人、超人だな」と感じたことは?

 僕の祖父は強いなと感じます。けっこうお酒を嗜むんですけど、何歳になっても飲み方が変わらないんですよ。僕の中で祖父は生命力あふれる超人なので、きっと100歳くらいまで生きるんじゃないかなと思っています。

――過去に心霊体験などはありますか。

 あります。遊んでいて街灯が落ちてきたり、花火をしているときに写真を撮ったらその花火が顔みたいに見えたり、金縛りにあったこともありました。あと、中学時代に公園でUFOを見たことがあります。バスケットボールをしていたら、空に何かがふわふわ浮いていて光って消えたんですよ。宇宙とか地学に興味があるので宇宙人や幽霊がいたら面白いなと思いますし、コミュニケーションをとってみたいです。

――最後に飯島さんの原動力になっているものは?

 皆さんから活力をいただいて僕の人生がプラスに働いているので、原動力は皆さんの力です。この業界に入った時、何もわからなかったので、何もできていない、何もわからない自分というところで落ち込んでしまいました。そんな時も周りの人が助けてくれましたし、自分一人ではないんだ、一人では生きてはいけないんだと20歳の頃にすごく思いました。僕ももらったものは返していかなければいけないと思っているので、人との関係値を大事に守っていきたいと思っています。

(おわり)

ヘアメイク:牧野裕大(vierge)スタイリスト:中西ナオ

作品情報

「WOWOW オリジナルドラマ オカルトの森へようこそ」
2022年7月22日(金)午後11時30分放送・配信スタート[全6回]
第 1 話無料放送【WOWOWプライム】/無料トライアル実施中【WOWOWオンデマンド】
「オカルトの森へようこそ THE MOVIE」 8月27日(土)全国劇場【3週限定】公開&デジタル配信開始
【ひかりTV】でも配信中
監督:白石晃士
出演:堀田真由 飯島寛騎/筧美和子 宇野祥平/白石晃士

(C)2022WOWOW・KADOKAWA・ひかり TV

プレゼント情報

Twitterフォロー&リツイートで以下の賞品をプレゼント!!

【プレゼント内容】
抽選で1名様にサイン入りフォトプレゼント。

【応募期間】
・8月1日〜8月10日23時59分まで。

【応募方法】
・@MusicVoiceEntをフォロー
・上記のツイートをリツイート

当選された方には、TwitterのDMでご連絡をさせていただきます。

【注意事項】
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は応募対象外となります。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は応募が無効となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・転売行為は固く禁止させていただきます。

この記事の写真
木村武雄
木村武雄
木村武雄
木村武雄
木村武雄
木村武雄
木村武雄
木村武雄
木村武雄

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事