佐野勇斗演じる馬場(C)フジテレビ

 佐野勇斗らが出演する町田啓太主演ドラマ『テッパチ!』(22時~22時54分、フジテレビ)の第2話が13日、放送された。進退を懸けて佐藤寛太に勝負に挑む町田啓太。そんな相棒を憂う佐野勇斗。その過程で明らかになった候補生の過去。音楽隊に憧れ全てを賭けて入隊した佐野の決意を知った町田の心が動く。そんな相棒を思う佐野の姿が放送後、話題になった。※一部ネタバレを含みます。

 ◇

 陸上自衛隊の候補生になった国生宙(町田啓太)が、同じ第一班の荒井竜次(佐藤寛太)と隊舎内のジムで乱闘騒ぎを起こしたことがきっかけで、陸上自衛隊を辞めようとするところから物語は始まる。辞めようとする宙を教育隊中隊長の八女純一(北村一輝)は、「そうやって逃げ続けて生きていくのか」と挑発。「荒井と決着をつけたいのなら来週行われる体力検定の場で勝負すればいい」と発破を掛ける。

 八女の言葉に触発された宙は、同じ第一班の馬場良成(佐野勇斗)に立会人を頼み、荒井に勝負を申し込む。すると荒井は、「ただ勝負するだけではつまらないから、負けた方がここを辞める」という条件を出す。それ以来、宙と荒井は、訓練中はもちろん、掃除や自由時間のときですら何かと張り合うようになっていった。候補生の仲間は2人の勝負に賭けている中、馬場だけが不安な顔をしていた。「負けた方が辞める」ということを聞いている馬場にとっては賭けどころではなかった。

佐野勇斗演じる馬場(C)フジテレビ

 馬場はトランペット奏者への夢を持ち音楽隊に憧れて入隊した。入隊後もマウスピースを使った練習を続けていた。その姿を見た八女に「感覚がにぶるので。できることは全てやっておきたいんです。俺にはこれしかないです」と言い、そして2人が「勝負に負けたら辞める」という賭けをしていることを知らせる。それを聞いた八女は、簡単に辞めようとする宙に、馬場の想いを伝える。

 「あいつは全て捨ててここに来た。お前みたいに簡単に辞められないんだよ」

 馬場に入隊を勧めたのは実は八女。馬場だけでなく、候補生もだった。

 そして迎えた勝負の日。体力検定で競った2人。結果は荒井の勝利。「負けた方が辞める」は宙に。

 負けた宙に馬場は「辞めたりするな、俺はどんなに辛くても途中で投げ出したりしない。自分で決めた道だから」と声をかける。

 その後、宙は荒井に会い、荒井の生い立ちを聞く。宙と境遇が似ていたのだった。荒井も思うことがありこの賭けはチャラにと宙に話す。宙も奮起し、辞めることを辞めたのだった。この決断に終始不安だった馬場も無事ホッとした表情を見せたのだった。

 宙とバディを組む馬場。その相棒を憂う姿や、入隊に並々ならぬ思いがあったことが分かると、SNSでは「好青年でいい人」「『辞めるなよ』馬場くんの言葉嬉しかったよね」「馬場くん推しになりそう」「めちゃくちゃ良い子」「過去知っちゃったらもう応援したくなっちゃう」「馬場くん本当に優しいバディ」などの声が上がり話題に。「馬場くん」でトレンド入りも果たした。

 先日行われた囲み取材で、八女演じる北村は「キャラクター一人一人が面白くて、最初はめちゃくちゃですが、回を追うごとにビシッとしてくる。早く4話を見て欲しい。めちゃくちゃかっこよくなるので」と語っていた。宙・馬場のバディ、そして、候補生の仲間がどう成長していくか、今後に期待だ。

Photos

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)