強さとエレガンスを表現したミニ丈ドレスコーデで登場したKoki,

 Koki,がこのほど、都内で行われた「SEE LV」展レセプションイベントに出席した。

 【写真】広瀬すずは美脚が際立つプリーツのミニスカ

 ルイ・ヴィトン ジャパンが7月8日から8月21日までの日程で、メゾンの160余年におよぶ歴史を巡る旅へと誘う「SEE LV」展を東京ミッドタウン 芝生広場で開催する。そのオープニングを記念したレセプションイベントが行われた。

 Koki,は、スポーティな雰囲気のリブドクロップトップにシルバーとブラックを基調とした、エレガンスと強さを表現したミニ丈のドレスコーデ。美脚も映える。レッドのバッグも印象的だ。自身のインスタグラムにも同展を訪れたことを報告。「Louis Vuitton の素晴らしい歴史をアーカイブで見る事が出来ました」と伝えている。

 2020年にスタートした巡回展「SEE LV」は世界の主要都市を巡り、東京は4番目。コンテンポラリーなルックの類い稀なコレクション、20世紀初頭のトランク、メゾンとアーティストたちによるコラボレーション、アイコニックなレザーグッズなどが一堂に会する。

 オープニングを記念したレセプションイベントには広瀬すず、市川海老蔵、ローラ、Koki,、宮脇咲良ら約50人におよぶゲストが出席。ゲストそれぞれがルイ・ヴィトンのコレクションを身にまとって登場した。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)