秋山真太郎

 劇団EXILE 秋山真太郎が「日本の芸能、文化をクリエイトする」を企業理念とした株式会社七十八(NANAJUHACHI Inc.)を設立し、その代表取締役/CEOに就任したことが発表された。基幹事業として「ARTISTの夢を、その一歩を後押しする」ことを目的とした、総合芸能情報プラットフォーム「STAND FOR ARTISTS」を7月1日より展開する。

 「STAND FOR ARTISTS」はアーティストと芸能事務所、制作会社及び企業を繋ぐもので、細かいアーティスト検索やオーディション情報の掲載などがスムーズに行え、システム内でキャスティングも完結できる。

 4月よりプレオープンし、現在89社の制作会社・企業、総勢139名のプロデューサー、アシスタントプロデューサー、ディレクター、アシスタントディレクター、キャスティングディレクター、企業役員がシステム導入している。芸能事務所は19社、総勢1395名のARTISTが登録済み。

 ARTISTS・芸能事務所・制作会社及び企業のメリットは以下の通り。

 ARTIST…バッターボックスに立ってスイングするチャンスを増やし、出会うことのなかったプロデューサーに自身のプロフィールが検索される可能性が増える。今まで触れることのなかった種類のオーディションにもエントリーすることが可能。

 事務所……所属タレントの稼働率を上げ、一括でタレントを管理することができる。タレント本人に本システムを触らせることも、触らせないことも選択可能。制作会社からの問い合わせもシステム内メッセージで行える。

 制作会社……幅広い選択肢の中からよりニーズに合ったキャスティングをすることができ、アーティストや、アーティストのマネージャーへ直接問い合わせを行うこともできる。システム内でオーディションを開催することも可能。制作会社はシステム利用料、完全に無料。※なおかつ発生したギャランティからの中間マージンも完全無料。

 さらに、今後予定している開発機能は以下の通り。

・制作会社が任意のタレントをピックアップし、抱える作品毎にキャスティング候補としてファイルに格納し、パスワードと共にクライアントや監督にメッセージとして送る機能。
・制作会社のプロデューサーがロケ先などの情報を取り合える掲示板機能。
・アーティストのセカンドキャリアのための支援。具体的には俳優が楽器などの習い事を業界のトップからグループレッスンにすることでローコストで受けられる仕組みを作る。
・海外志向のあるアーティストが、日本の文化を学ぶための体験ツアーの提供。
・その他逐一制作会社やマネジメント、アーティストサイドの意見を取り入れながら開発していく。

 また1日から、本サービスのPR動画の出演者オーディションも開催される。

株式会社七十八 代表取締役CEO 秋山真太郎コメント

 僕自身が20年俳優をやってきた中で見えてきた“困ったこと“や、映画のプロデュースや脚本執筆を通して“困ったこと“を如何にして解決できるか、というのを数年かけて模索し、TinyBetter社の樋口氏をCTO、小宮氏をCOOとして迎え今サービスを展開する運びとなりました。

 本日よりフリーのアーティスト様も登録することができるようになりました。

 夢をもった人たちが、更に輝くことができるよう、その環境を少しでもよくできたらと思っています。
将来的には、アーティストが長くそのキャリアを構築するためのサポート体制、アーティストだけではなく、ヘアメイク・スタイリスト・音響・照明・カメラマンなど、芸事に携わる方全ての情報データベースとしての機能も拡張させていく予定です。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)