『松任谷由実のオールナイトニッポンGOLD』6月17日の放送に、ユーミンが“今一番会いたい”ゲスト、今年ソロデビュー20周年を迎えたYUKIが登場する。

「お互い“さん”付けはなしにしよう」と“ユーミン”呼びを促すユーミンにYUKIが「外タレみたいに楽屋がムーディーだった」と初対面の時の想い出を明かすなど、和気あいあいとした雰囲気で収録がスタート。

 ユーミン曰く「アルバムごとにサウンドが良い意味で変わっていて“制作好き”の印象」のYUKI。「歌の実験というか、やったこと のないことをやってみたくなる」と話し、ユーミンに「YUKIはセンスがいい」と言われると感激した様子。さらにユーミンのアルバ ム「深海の街」に希望を感じたというYUKIは、ユーミンの楽曲制作への姿勢に「ミュージシャンとして間違ってない、と勇気をもらった」と両手を挙げて喜んだ。

 YUKIが「絶対ユーミンに聞こうと思ってた」という“ドラマー”の話になると「ドラムがアンサンブルを決める」と語る2人。自身のサ ウンドを作り上げるミュージシャンについて、「最初は自分でライブを見に行ったり、好きなバンドのドラムの方にお願いしたり、 ひとりひとりお声がけしていった」とYUKIが明かすと、ユーミンは「自分で自分のサウンドを手に入れていくって凄いね」と感心していた。

 今年ソロ活動20周年のYUKIだが、「1人になってから2~3年はずっと試行錯誤だった」というソロデビュー当時の葛藤、“こう見えたい”と頑なだったところから、ユーミンが絶賛する3枚目のアルバム「joy」にたどり着くまでの過程も明かされた。YUKIが「ここまで来れたのは、聴いてくださる方や周りのスタッフのおかげ。その感謝の気持ちを1年かけて歌やコンサートで伝えていきたい」と改めて20周年への想いを語ると、ユーミンも50周年を迎えたからこそ感じる「成長と劣化」、スタッフ・チームへの想いを明かす。

 楽曲制作についての話はもちろん、お互いの音楽に出会ったきっかけ、ユーミンによるYUKIの発声の分析、YUKIによるユーミンのイメージの解説など濃密な音楽談義が繰り広げられ、20周年を記念したEPの話ではユーミンの言葉にYUKIが涙する場面も。

 50周年のユーミンと20周年のYUKIが語り尽くす『松任谷由実のオールナイトニッポンGOLD』は6月17日22時から放送。

番組情報

■番組タイトル ニッポン放送『松任谷由実のオールナイトニッポンGOLD』
■放送日時 2022年6月17日(金) 22時~24時
■パーソナリティ 松任谷由実
■ゲスト YUKI

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)