日比谷音楽祭は6月3日・4日・5日、3日間での開催を発表している「日比谷音楽祭2022」において、各日程のタイムテーブルと、生配信タイムテーブル、ライブ・ワークショップ、ブース出展等のプログラム詳細を発表した。

 『日比谷音楽祭』は、日本の野外コンサートの歴史をつくってきた音楽の聖地「野音」を擁する日比谷公園で、素晴らしい音楽を体験できる、親子孫3世代、誰もに開かれたフリー(無料)の音楽イベントです。ライブだけでなく、楽器体験やワークショップ、トークイベントなどを実施して、『自分の音楽の楽しみ方』を見つける機会や『新しい音楽の循環』 を“みんなで”つくり、音楽文化を育むきっかけとなるよう、誰もが音楽と触れ合い、音楽と出会える機会の創出を目指す。

 2週間後に迫ってきた日比谷音楽祭 2022。3日間のタイムテーブルの発表と共に、動画配信サイト「U-NEXT」での生配信タイムテーブルも同時も発表。会場では5つのステージで一日中さまざまな音楽を楽しめる。生配信では今年も全3チャンネルのマルチアングルで会場にいるかのように、盛りだくさんの内容をオンラインでも楽しむことができる。

 また、見逃し配信も行う。本番が終わっても、当日の熱気をそのままに、無料トライアルを利用して視聴できる。(※一部、生配信を行わないアーティストやプログラムあり)。

 そして、今年のワークショップでは、EXILE TETSUYA with EXPG が子どもたちと一緒にダンスを楽しむ「EXILE TETSUYA presents オリジナルワークショップショー」や 2019 年にキャンピングカー協会アンバサダーに就任し、著書『人生にキャンピングカーを』を出版するほどのキャンピングカーを愛するラッパーの GAKU-MCによる、トーク&スペシャルアコースティックライブ「旅と音楽とキャンピングカー」、日本を代表する三味線奏者である上妻宏光による、三味線の歴史や楽器の紹介をライブ形式でお届けする「上妻宏光 Workshop Live」など、日比谷音楽祭ならではのワークショップが盛りだくさん。

 にれのき広場では、楽器メーカーによるブースが集まる「音楽マーケット」を開催。さまざまな楽器体験や、楽器をつくるワークショップ(一部有料)、デモンストレーションライブなどをおこなう。噴水広場では協賛企業によるブース出展が並び、ご協賛企業による会場外での関連イベントも発表になった。

<音楽マーケット参加企業>

株式会社山野楽器 /株式会社ヤマハミュージックジャパン / カシオ計算機株式会社 / 株式会社コルグ / ローランド株式会社 / 一般社団法人全国楽器協会 / 株式会社大塚楽器製作所 / 株式会社河合楽器製作所 / 株式会社サンフォニックス /株式会社鈴木楽器製作所

<ブース出展参加企業・団体>
江崎グリコ株式会社 / 北海道東川町 / 株式会社旺文社 / 株式会社丸井グループ / 株式会社モルテン / 小豆島ヘルシーランド株式会社 / 東日本高速道路株式会社 / U-NEXT ほか

<関連イベント>
株式会社図書館流通センター /株式会社有隣堂 ほかその他、日比谷音楽祭 2022 の開催をサポートするクラウドファンディング「日比谷音楽祭 2022|みんなでつくる音楽祭の実現へ向けて」で支援を募っている。

3 日間の会場タイムテーブル、および配信タイムテーブルにつきましては、それぞれ以下 URL よりご確認ください。
▼会場タイムテーブル:
http://hibiyamusicfes.jp/2022/how_to_enjoy/timetable.html
▼配信タイムテーブル:
http://hibiyamusicfes.jp/2022/how_to_enjoy/timetable_web.htm

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)