米津玄師が、5月16日に10周年を迎えた。1stアルバム「diorama」が2012年5月16日に発売されてからちょうど10年となるこのメモリアルな日に、10年間の軌跡とこれからの未来を感じさせるデザインの「10thゲート」が完成した。

 会場は、東京・東急プラザ表参道原宿のエントランス。中央にある長階段には、米津の楽曲タイトルが年代順に下から上へと記載されていき、一番上の階段には「音楽はつづく」のメッセージが記された。また、ミラーのゲートに、「M八七」のジャケットフラッグが冠され、階段下には、米津のキャラクターイラストやロゴなどが星に瞬く3Dサイネージが設置された。

「10thゲート」

 この「10thゲート」は、5月16日(月)~5月22日(日)の期間限定で設置され、3Dサイネージの点灯は各日11:00〜22:00までとなっている。

 また、全国13ヶ所のCDショップでは5月17日(火)より映画「シン・ウルトラマン」パネル展示が開催となり、全国各地のラジオ局では「M八七ボトル」のプレゼントキャンペーンも実施されている。明後日に発売を控え、各地で盛り上がりを見せる「M八七」。

 ニューシングル「M八七」は、5月18日(水)発売。「M八七」を表題とし、PlayStation(R) CM曲「POP SONG」と、新曲「ETA」の3曲を収録。パッケージは、「ウルトラ盤」「映像盤」「通常盤」の3形態での展開となり、いずれも初回限定。

 「ウルトラ盤」は、リフレクターケースに、レーザーカプセルが同梱される特殊仕様。「映像盤」は、シルバーのデジパックに、「POP SONG」「Pale Blue」「死神」のミュージックビデオの他、「POP SONG」に効果音を載せたSound Effectバージョンと、8bit Teaserの5作品が収録されるDVDが付属。「通常盤」は、紙ジャケ仕様となり、ジャケットは米津自身が描いたイラストとなっている。

 合わせて、初回特典として、ライブツアー「米津玄師 2022 TOUR / 変身」の最速先行抽選シリアルナンバーが付属。応募は5月22日(日)までが対象期間となる。

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)