映画「シン・ウルトラマン」が全国公開となる5月13日、主題歌である米津玄師「M八七」(エムハチジュウナナ)のミュージックビデオが公開となった。

 【動画】公開された「M八七」ミュージックビデオ

 「M八七」は、孤独な戦いを強いられながらも、なお強く優しく、人間を労わる慈しむ心を忘れない、美しきウルトラマンの姿を思い描きながら制作した楽曲。その中に、子供の頃ウルトラマンから受けた祝福を、今度は返していくことで新しい何かを生み出していくという“祝福の連鎖”を据えたテーマが込められている。ミュージックビデオは、日常と重力が歪んだ世界を、超現実的に描いた作品。米津自身が出演し、監督は、「TEENAGE RIOT」も手掛けた林響太朗氏が手がけ、圧倒的な映像美に仕上がった。

 また、今作ミュージックビデオの公開時刻は、謎の動画「(oIo)」にて事前予告された。5/1120時、米津玄師YouTubeチャンネルに突如87秒の線と円がゆらめく動画が公開され、そこにスマートフォンのカメラをかざすとある瞬間だけQRコードを認識することができる仕掛けに。QRコードにアクセスすると、「M八七」ミュージックビデオ公開時刻、「M八七」先行配信の時刻が解禁され、映画「シン・ウルトラマン」の公開日と合わせてスマートフォンのカレンダーに登録ができるという仕様で、画期的な予告にSNSは大いに盛り上がった。

 映画「シン・ウルトラマン」は13日全国公開。「M八七」の先行配信も開始され、ついに楽曲のフル尺が聴けることとなった。

 なお、ニューシングル「M八七」は、5月18日発売。「M八七」を表題とし、PlayStation(R) CM曲「POP SONG」と、新曲「ETA」の3曲を収録。パッケージは、「ウルトラ盤」「映像盤」「通常盤」の3形態での展開となり、いずれも初回限定。
「ウルトラ盤」は、リフレクターケースに、レーザーカプセルが同梱される特殊仕様。「映像盤」は、シルバーのデジパックに、「POP SONG」「Pale Blue」「死神」のミュージックビデオの他、「POP SONG」に効果音を載せたSound Effectバージョンと、8bit Teaserの5作品が収録されるDVDが付属。「通常盤」は、紙ジャケ仕様となり、ジャケットは米津自身が描いたイラストとなっている。

合わせて、初回特典として、ライブツアー「米津玄師 2022 TOUR / 変身」の最速先行抽選シリアルナンバーが付属。応募は5月22日までが対象期間となる。

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)