『アース・セレブレーション』

 MIYAVIと上妻宏光が8月19日~21日、新潟県佐渡市で開催される野外フェスティバル『アース・セレブレーション』にメインゲストとして出演。MIYAVIは「生の『音の波動』をぜひ体感して欲しい」とコメント。

MIYAVI

 『アース・セレブレーション(EC)』は、1988年から開催されていて今年35年目を迎える。新型コロナウイルス感染症の影響で2年連続オンラインでの開催だったが、今年は状況に合わせた感染対策を講じながら、3年ぶりに佐渡市で有観客開催となる。メインゲストに世界的ギタリストのMIYAVI、三味線プレーヤーの上妻宏光を迎え、太鼓芸能集団「鼓童」との熱い野外ライブを繰り広げる。

上妻宏光

 また、鼓童初の主演音楽映画『戦慄せしめよ』を野外シネマとして上映。EC特別企画として豊田利晃監督、現代音楽家・日野浩志郎、鼓童によるトークや生演奏も予定。ほかにも7月に鼓童と初共演する日本初の公共劇場専属舞踊団Noismによるワークショップや鼓童とのパフォーマンスや新潟県内外の多彩なゲストによるフリンジステージ(無料)、親子で楽しめるワークショップなど企画盛りだくさん。

 MIYAVIは「鼓童さんとはじめて佐渡ヶ島で一緒に演奏をさせてもらったとき、強く実感しました。大地と鳴り、空気を揺らし、そして、僕たちの心を震わせる。その生の『音の波動』をぜひ体感して欲しいです。自分自身も同じステージでまた彼らの音を体感できることをすごく楽しみにしています」とコメント。

イベント概要

『アース・セレブレーション』
会場:小木みなと公園 野外特設ステージ
料金:Sエリア 大人6000円、小中学生2000円
   Aエリア 大人4,500円、小中学生1,000円
   3回通し券(Sエリアのみ) 大人1万6000円、小中学生5000円(当日各+500円)
チケット:6月15日発売開始(指定席、先着順)

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)