今年2月1日にデビュー10周年を迎えたA.B.C-Zが12日、12th Single「Graceful Runner」が6月29日に発売することがわかった。作詞作曲を担当した草野華余子からは「この輝きを真っ直ぐそのまま歌にしたい」とコメントも寄せられた。

 今作は、ベストアルバムに収録された「火花アディクション」を手掛けた草野華余子が作詞・作曲を担当した。次の10年を担うに相応しい優雅なロックナンバーとなっており、歌詞は『BEST OF A.B.C-Z』の特典インタビュー動画「A.B.C-Z 10周年 今、僕たちが思うこと」を受けて書き起こされており、まさにA.B.C-Zの想いが強く反映された楽曲になっている。

「Graceful Runner」ロゴ

草野華余子コメント

草野華余子

 「ここが、今が、やっとスタートライン」

 10周年についてのインタビューを拝見しその言葉を聞いたとき、メンバーの皆さんの瞳に光るものを見たとき、この輝きを真っ直ぐそのまま歌にしたい、そう思いました。

 一筋縄じゃいかなかった彼らの10年間は確実に、今日のA.B.C-Zの強さ、しなやかさ、独自性、そして美しさに繋がっていると感じ、彼らの言葉を何度も身体に染み込ませて楽曲を書き上げました。

 最高速で時代を駆け抜けるA.B.C-Zの5人へ、わたしから繋いだ「Graceful Runner」という名のバトン、次は貴方が、耳で、心で受け取ってください。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)