指原莉乃がプロデュースする、メジャーデビュー5年目を迎えるアイドルグループ=LOVE(イコールラブ)の「佐々木舞香」が初の表題曲センターを務める新曲「あの子コンプレックス」が、公開から10日で累計500万回再生を突破したことが分かった。

 【動画】=LOVE史上初となる500万回再生を突破した「あの子コンプレックス」MV

 MVの500万回再生突破は、=LOVE史上初となり、公開から10日で最速での新記録樹立となる。

 「あの子コンプレックス」は、5/25(水)に発売を予定している通算11枚目となるニューシングルの表題曲で、主人公の心象風景として描かれるダンスシーンや楽曲の世界観が見事に表現されたシチュエーション、メンバーの表情が、MV公開直後から早くも話題となり、公開から3日と9時間で100万回再生を突破、さらにYouTube急上昇ランキング(音楽)では最高位で9位を獲得し、継続的にランクインしていたことが追い風となり、その勢いに拍車がかかったと言える。

 センターを務める佐々木は、「今回は久しぶりの失恋ソングで、またひとつ成長した=LOVEの姿を見せられると思います。まるで女の子の心みたいに変化が激しい曲調と、強がりが散りばめられた歌詞は読み解くのが難しいかったです。MVもたくさんの人に見ていただけたら嬉しいです。」と新曲の聴きどころをコメント。

 あわせて、同じく佐々木がセンターを務め、ユーザー投稿数が12,000本を超えるTikTokで大バズり中の「しゅきぴ」(2020年11月25日発売 8thシングル「青春”サブリミナル“」C/W曲)も500万回再生に迫る勢いで再生回数が伸び続けている。

 開催中の全国ツアー2022「どう考えても、君ってイコラブのこと好きじゃん」は、福岡公演を開催後、5/21(土)に初の沖縄公演となる「那覇文化芸術劇場なはーと 大劇場」でツアーファイナルを迎える。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)