ザ・クロマニヨンズの約2年ぶりの全国ツアー「ザ・クロマニヨンズ ツアー SIX KICKS ROCK&ROLL」が2022年5月5日に栃木県教育会館でファイナルを迎えた。同ツアーは1月24日Zepp Hanedaでスタートした全国26公演に及ぶツアーであり、各地に爆裂ロックンロールを鳴り響かせながら最終の地にたどり着いた。合わせて「ザ・クロマニヨンズ ツアー SIX KICKS ROCK&ROLL」のライブDVDが8月24日に発売されることが発表された。

 ザ・クロマニヨンズは、昨年8月末に始動した2021年の一大プロジェクト「SIX KICKS ROCK&ROLL」を実施。8月発売の20thシングル「ドライブ GO!」を皮切りに、今年1月19日「ごくつぶし」まで6ヵ月連続で毎月1枚ずつシングル(7inchアナログ&CD)を発売、そのすべてを収録したアルバム「SIX KICKS ROCK&ROLL」を完成させた。

 その後全国26公演に及ぶツアーを敢行し、“SIX KICKS ROCK&ROLL”プロジェクトに幕を下ろした。コロナ禍により約2年ぶりとなったツアーのファイナル公演という事もあり開演を待ちわびるオーディエンスのボルテージの高まりがひしひしと伝わってくる。

ザ・クロマニヨンズ(撮影=柴田恵理)

 いよいよ定刻となりメンバーが登場すると、いっせいに観客は総立ちとなり大きな拍手が沸き起こった。甲本ヒロトの「オーライ、ロックンロール!」を合図にライブがスタートし、歓声が出せない状況化の中、観客全員の心の中で叫ぶ歓声が漏れ聞こえてくるように感じる。

 ステージには大がかりなセットは無く、会場のありのままの舞台の上で4人が放つパワフルなロックンロールが鳴り響く。シンプルな照明が演奏を際立たせ、余計なものが削ぎ落されたまさに超どストレートな“これぞザ・クロマニヨンズ”という演奏で、総立ちの会場をロックンロールにのみ込んでいく。

 CDアルバム「SIX KICKS ROCK&ROLL」の全12曲が曲順通り披露されるのだが、そのすべてが6ヵ月連続リリースされたシングル曲であり、半年をかけて完成されたこのアルバムの1曲1曲が五臓六腑にしみわたる。

 前半戦ともいうべきアルバムパートは思いにふけるまもなく、あっという間に終了。

 一息つき、全国ツアーがコロナ禍で実施されずライブで聴く機会が少なかった前作アルバム『MUD SHAKES』から「カーセイダーZ」「新人」「かまわないでくださいブルース」を披露し、後半戦へ突入。

 ここからは「暴動チャイル(BO CHILE)」「生きる」「紙飛行機」「タリホー」などシングル曲を止まる事なく演奏し一気に駆け抜ける。「生きる」の演奏中、甲本の元に真島と小林が歩み寄り3人が接近して演奏する珍しい一幕も。その姿に会場のボルテージはさらに上がり、最高潮に達したところで本編は終了した。

ザ・クロマニヨンズ(撮影=柴田恵理)

 アンコールでは「雷雨決行」「ギリギリガガンガン」「ナンバーワン野郎!」を披露し、“最高”を日々更新し続けるザ・クロマニヨンズの爆裂ロックンロールショーは、約1時間30分、全23曲を演奏し大盛況のうちに幕を閉じた。

 そして、今回は朗報が!!

 この「ザ・クロマニヨンズ ツアー SIX KICKS ROCK&ROLL」のライブDVDが2022年8月24日に発売されることが発表された。

 2022年4月12日に行われた千葉市民会館公演のライブ映像をDISC1に、DISC2には6ヵ月連続シングルリリース企画“SIX KICKS ROCK&ROLL”プロジェクトのシングル曲6作のMusic Videoを収録した2枚組のDVDとなっている。なお初回生産限定盤は、この作品のために制作された特製リストバンドと特製ツアーパス、SIX KICKS ROCK&ROLLのジャケットを6面にデザインした特製サイコロをセットした豪華限定盤となっている。ツアーグッズとしては販売していないアイテムで、このDVDだけに付属されるレア・アイテム。

「ザ・クロマニヨンズ ツアー SIX KICKS ROCK&ROLL」DVD通常盤ジャケ写

 また5月13日(金)からGALLERY X BY PARCO (渋谷PARCO B1F)で、ザ・クロマニヨンズを出現から撮り続けてきたオフィシャルカメラマン柴田恵理による展覧会『柴田恵理 写真展 ザ・クロマニヨンズ PHOTO EXHIBITION』の開催も決定している。展覧会会場では展覧会オリジナルグッズならびに展覧会開催記念に刊行予定の写真集『ザ・クロマニヨンズPHOTO BOOK』の先行販売も行われる。

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)