囲み取材に応じたNMB48

 大阪・関西を文化芸術・エンターテインメント・スポーツ都市として発展させることを目指す「チーム関西」の第一弾イベント「Warai Mirai Fes 2022 ~Road to EXPO 2025~」が4月29日~5月1日の3日間、大阪・万博記念公園で開催された。2日目の4月30日、「EXPO JAM」のステージにNMB48が登場!今回は、そのライブの模様と、囲み取材の質疑応答も合わせてレポートします。【取材・文・撮影=ポッター平井】

野外ステージで16人が躍動!

 雲ひとつない青空。汗ばむほどの陽気。イベント会場の万博記念公園・お祭り広場は、ひと足早い夏フェスのような雰囲気だった。

 NMB48のライブの時間が近づくと、休憩時間を思い思いに過ごした観客が徐々に座席に戻って来る。頭上にマフラータオルを乗せるなどして、ライブを楽しむスタンバイOK!

 14時55分。おなじみのovertureが流れ、メンバー16人がステージに登場すると、観客は総立ち!上西怜が「NMBいくで~!」と煽り、『ワロタピーポー』を披露。インパクトが強い歌詞やダンス、ノリのいいナンバーで、NMB48のファン以外の観客も引き込むと、上西は「120%の笑顔で!」「もっと!」と更に煽り、広い会場のボルテージを上げていく。

ワロタピ―ポー

ワロタピ―ポー

 続いて、“NMB48の国歌”と称される王道アイドルソング『青春のラップタイム』へ。「NAMBATTLE2~愛~」で1位に輝いた川上千尋が、センターで堂々とパフォーマンス!

青春のラップタイム

青春のラップタイム

 最初のMCで、キャプテンの小嶋花梨が「本日はこんなに暑い中、お越し下さった皆さん、本当にありがとうございます!」と感謝の意を伝える。「体調に気をつけながら、最後まで楽しんでいただけたらと思います」と観客を気遣いつつ、「私たちNMB48は、大阪・難波を拠点に活動しているアイドルグループです」と初見の観客に向けてのグループ紹介も(こういうところ大事!)。更に「アイドルらしいパフォーマンスはもちろんなんですけど、笑いにも貪欲なんですよね、渋谷凪咲さん!」と、バラエティ女王の渋谷に話を振る。渋谷は「笑いこそが正義です!」とコメント。お笑いファンの心もしっかり掴んだ。

MC

MC

 安部若菜が「続いては、私たちの最新シングルを聴いて下さい」と曲振りをして、『恋と愛のその間には』を上西と小嶋のWセンターで披露。コミカルな要素もあるクールなダンスナンバー『カモネギックス』とともに、かっこよさもアピールした後、アイドルとしての魅力が溢れる人気曲『ナギイチ』へ。センターを務める渋谷凪咲がイントロで観客を煽るシーンで「皆さ~ん!私たちと一緒に夏を先取りしましょう!渚で一番かわいいガール…間違えました~(笑)!略して、ナギイチ!」と痛恨のミス(詳細は囲み取材で明らかになるので後ほど)。しかし、それによってメンバーも観客も笑顔に。ライブならではのハプニングもまた楽しい。

恋と愛のその間には

恋と愛のその間には

カモネギックス

カモネギックス

ナギイチ

ナギイチ

 そして、『僕らのユリイカ』で爽やかな夏を感じさせた後、2回目のMCでは5月14日に開幕する吉本新喜劇とのコラボミュージカル『ぐれいてすと な 笑まん』の告知。笑顔で観客に手を振り返すなど、コミュニケーションもしっかり取ると、『だってだってだって』、『ドリアン少年』を続けて披露。全8曲30分間のライブで会場を大いに盛り上げた。

僕らのユリイカ

僕らのユリイカ

MC

MC

だってだってだって

だってだってだって

ドリアン少年

ドリアン少年

ドリアン少年

ドリアン少年

ドリアン少年

 他のアーティストやお笑い芸人のファンと思われる女性の観客も、NMB48のステージを大いに楽しんでいた。また、ライブ後に登場したMCのニューヨークのふたりも「なぎちゃん(渋谷凪咲)とは番組でよく共演するけど、あんなに踊れるんや。アイドルだったな~」と、そのギャップに驚いていたことも記しておきたい。

川上千尋「NMB48の未来に繋がるライブになった」

囲み取材に応じたNMB48

 ライブ後、報道陣を前に、囲み取材が行われた。

――ステージの感想をお願いします。

小嶋花梨「いつもはNMB48劇場で公演をさせていただいているのですが、本当に久しぶりの野外でのライブだったので、メンバーがいつも以上にテンションが高くて、その熱気が伝わっていたらいいなと思います。観に来て下さっていた皆さんが、徐々に(後方の)日陰から日向に出て来てくれたことが嬉しくて、もっともっと楽しくできました」

渋谷凪咲「ステージで踊っている時、太陽の塔の背中が大きく見えていたので、その背中についていくぞ!という思いで、自分たちももっと太陽の塔のように大きな存在になりたいという気持ちが芽生えてきて、皆さんにもその気持ちが届いたかなと思います。大阪でのライブって改めていいなぁって。大阪の大地の力強さを感じました。万博でライブをさせていただいたことが、大阪人としての誇りです。一生の思い出になりました」

上西怜「今年初めて野外でライブをさせていただいて、先取りで夏を感じました。観て下さっていた皆さんが、どんどん一緒に踊って下さったり、ペンライトを振って下さったりして、楽しいライブをさせていただきました」

川上千尋「このご時世なので、観て下さっている皆さんはマスクをしていたんですけど、マスクの下の笑顔が見えるくらい、熱い視線を送って下さったり、イベントのタイトル通り、笑いもあり、NMB48やエキスポの未来に繋がるようなライブになったんじゃないかなと思います。すごく楽しい時間でした」

――ミュージカルの稽古の進み具合は?

小嶋花梨「ほぼ完成に近づいています。通し稽古も始まっていて、より面白くするためにはどうしたらいいのか、観に来て下さる皆さんに楽しんでもらうための工夫を、メンバー一丸となって考えているところです」

――SDGsの取り組みを何かされていますか?

渋谷凪咲「お店とかでもSDGsを意識した営業をされているところがたくさんあるので、そういうお店に足を運んで、楽しみたいと思います」

川上千尋「エコなものとか、リサイクルしたものを使ったジーンズやTシャツを買って、日常的に着させていただいています」

加藤夕夏「私は買った洋服を古着回収しているところによく出しています。私は服が好きなんですけど、買った服を捨てるんじゃなくて、お返しするという循環が大事なんじゃないかなと思います」

――渋谷さん、『ナギイチ』の時に「間違えましたー!」とおっしゃっていましたが…

渋谷凪咲「事前にいっぱい考えて、何回も練習して、メンバーにも聞いてもらったりしていたんですけど、最初のセリフを言うタイミングが早すぎて、時間が余ってしまって…。焦っちゃって、タイミングを間違えました」

小嶋花梨「凪咲さんって、“なぎさ”なので、『ナギイチ』のセンターをやることが多くて、煽りの経験もたぶん一番多いと思うんですよ。でも、3分の2ぐらい間違えます。あまり成功したことを聞いたことがないです(笑)」

渋谷凪咲「(上西怜に)でも、いっぱい練習してたやんなぁ」(一同爆笑)
上西怜「はい!」

渋谷凪咲「証人です(笑)」

――万博公園では3年半前に(1期卒業生の)山本彩さんの卒業コンサートが行われました。当時のことを思い出したりしましたか?

小嶋花梨「やっぱり、よみがえるものがあるというか、あの時の景色を思い出しましたね。今日の衣装も、山本彩さんの卒業コンサートの時の衣装で、当時の気持ちを背負ってきました」

渋谷凪咲「でも、あんなに太陽の塔の背中を見て、ちゃんと踊ったことは初めてで、本当にかっこよかったです。いつかNMB48が太陽の塔のような大阪の素晴らしいシンボルになれるように頑張ろうって思いました。未来が見えました」

 今年の夏は多数のフェスが開催される予定。出来れば、ひとつでも多くのフェスに参加して、アイドルファンはもちろん、ロックファンやお笑いファンなどにもNMB48の魅力を届けてほしい。

<出演メンバー>*五十音順
安部若菜・石田優美・加藤夕夏・川上千尋・小嶋花梨・貞野遥香・塩月希依音・渋谷凪咲・上西怜・新澤菜央・出口結菜・原かれん・平山真衣・本郷柚巴・前田令子・山本望叶

<セットリスト>
overture
M1 ワロタピ―ポー
M2 青春のラップタイム
~MC 1
M3 恋と愛のその間には
M4 カモネギックス
M5 ナギイチ
M6 僕らのユリイカ
~MC 2
M7 だってだってだって
M8 ドリアン少年

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)