坂口渚沙

 AKB48チームBの『アイドルの夜明け』公演が29日、東京・秋葉原のAKB48劇場で幕を開けた。兼任先がチーム4から再びチームBとなった坂口渚沙は「チームが変わるということを人生の分岐点ぐらい大きなことだと思っているので、今日も気合を入れて臨みました」と振り返った。

 キュートな印象のある坂口だがこの日は、そのキュートさを披露しつつも「愛しきナターシャ」では浅井七海と佐藤美波とで妖艶にパフォーマンスするなど新たな一面を見せた。新キャプテンの浅井七海は「フリフリの可愛いユニットをやっているイメージだった」と、新たな一面に期待を寄せた。

 ゲネプロはあまり経験がないという坂口だが、集まった多くの報道カメラマンに向けて「全部のカメラに目線を送れるように頑張りたい!」とも意気込んでいた。

 そのゲネプロを終え「新しい発見がたくさんあったので、これから自分を浅井チームBの色に染めていけるように頑張ります!」と満足の表情を見せていた。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)