【いい音楽で一度、素晴らしいパフォーマンスで二度魅了させる】と言う意味を持つ、Asia No.1最強ガールズグループTWICEが23日、自身4度目のワールドツアー「TWICE 4TH WORLD TOUR 'III' IN JAPAN」の日本公演初日を迎えた。(※ネタバレあり)

 2021年12月25日(土)韓国公演を皮切りに、アメリカ5都市7公演でも開催された本ワールドツアーの、日本公演は4月23日(土)~25日(月)の追加公演を含む3日間にわたり、東京ドームにて実施。約2年振りの来日公演ということもあり、チケットは、先行チケット受付の段階から、入手困難を極め、一般チケット販売時には、瞬く間にSOLD OUTとなった超プレミア公演。なお、TWICEは本公演で、韓国からデビューしたガールズグループとして、初の東京ドーム3日間連続公演という記録を樹立。

 そんなプレミアライブの1曲目は、TWICE史上初の全編英語歌詞で世界的ヒットとなった「The Feels」からスタート!約2年振りのTWICEとONCE(TWICEファンの総称)の再会と、アップテンポなダンスチューン「The Feels」が相まって、会場のボルテージは1曲目から最高潮に達し、会場は「CANDYBONG Z」(TWICEの公式ペンライト)の光と共に、熱気の渦に飲み込まれた!

撮影:田中聖太郎

 メンバーサナは約2年振りのファンとの再会に「ONCE!会いたかった―!こうやって皆さんに直接お会いできて本当に嬉しいです!今日は思いっきり楽しみましょう!」とコメント、会場からは大きな拍手が送られた。

 約2年という長い期間、日本での公演ができなかったTWICE。5周年イヤーというメモリアルな1年に念願の来日公演を開催できて、メンバージョンヨンは、「日本での最後のコンサートは約2年前ですよね?日本デビュー5周年のタイミングでONCEの皆さんに直接会えて本当にうれしいです!」と、喜びを爆発させた。

 韓国語曲中心で構成されたワールドツアーのセットリストの中で、最近のTWICEを代表する、「FANCY」、「I CAN'T STOP ME」、「SCIENTIST」の日本語バージョンも披露され、念願の日本語バージョンの生パフォーマンにファンは歓喜し、大いに盛り上がりを見せた。

撮影:田中聖太郎

 また、TWICEメンバーが最もダンスがハードと語る「MORE & MORE」を披露。ナヨンは、「MORE & MOREはとても難しい曲で、セットリストに入れるか迷ったのですが、やっぱりONCEはこの曲を待っているって思っていたので、絶対に見せたいと思って、頑張ってパフォーマンスしました!」とコメント。ダンスブレイクが印象的な本楽曲。力強いダンスパフォーマンスで会場を圧倒した。

 また、トロッコに乗ってアンコール登場したTWICE。ヘアケアブランド「LUX」とのタイアップソングとして、先月サプライズ配信をスタートした、日本オリジナル配信シングル「Just be yourself」と、昨年リリースされた自身3枚目の日本オリジナルアルバムとして話題となった、「Perfect World」の2曲を披露。「Perfect World」はどんな状況でも、動じない“強い女性”を表現した一曲で、今までのTWICEのイメージを覆す楽曲。スピード感があり力強い曲調で会場を盛り上げた。

 2曲を歌唱し終えた、TWICEは、1人ずつ、会場に集まったファンに向けてメッセージを送った。

 TWICEのリーダージヒョは、「楽しい時間をプレゼントしてくださりありがとうございます!そして、日本デビューしてから5年間沢山の夢を叶えさせてくれてありがとうございます!」と今年で、日本デビュー5周年を迎える感謝を語った。

 そして、メンバーダヒョンは「ONCEに言いたい事があります!」と切り出し、「"雨降って地固まる"というじゃないですか?会えない時は悲しかったですが、私達の絆は深まったと思います!ONCEの事が本当に大好きですし、本当に感謝しています!」と、会えなかった時間がファンとTWICEの絆を更に強く、深くしたと語り、会場を盛り上げた。

撮影:田中聖太郎

 さらには本ツアーの名物企画、ルーレットで当たった楽曲を披露するという企画で、数ある楽曲の中で「Canday Pop」、「Changing!」、「Good at Love」を3曲披露。何曲やるかは、メンバーが決める本企画。興奮冷めやらぬメンバーは「もう1曲やりましょう!」と最後にルーレットを回して当たった楽曲は「STAY BY MY SIDE」。日本公演では定番の本楽曲にメンバーも会場に集まったファンも歓喜!最後は、「以上TWICEでした!」と笑顔で公演を終了した。

 3日間に渡り東京ドームで開催される、「TWICE 4TH WORLD TOUR 'III' IN JAPAN」の初日は、感動と興奮の渦の中、大盛況で幕を閉じた。

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)