横浜流星

 横浜流星が13日、都内で行われた映画『流浪の月』(5月13日公開)完成披露試写会に登壇した。凪良ゆう氏の小説が原作。10歳の時に誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗を広瀬が、その事件の“加害者”とされた当時19歳の青年・佐伯文を松坂が演じる。

 横浜は事件から15年経った現在の更紗の恋人・亮を演じる。今回の作品では「チャレンジしかなかった。より自分の中に大きな壁が立ちはだかりました」と回顧する横浜は空手経験者で自身を律してきた。そのため、亮の更紗への“甘え”が理解しづらかったそうで「人に弱みや涙を見せるな、男はこうであるべきだと叩きこまれてきたので、甘えとはなんだろう?というところから始まった」と回顧した。

 広瀬との距離感を縮めるために、監督のアイデアでリハ室で2人きりになり広瀬のひざ枕をすることになったが、「体重をかけると重いかなって」と体重をかけられなかったという。広瀬も「1、2キロぐらいしか載っていなくて」と笑いつつも、体を触れることで距離が縮まったことを明かした。

 またこの日は更紗と文の関係性にちなんで「宿命の相手」を発表。「自分」とフリップに書いた横浜は「常に自分と向き合わなければいけない。空手でも仕事でもそう。昨日の自分には絶対に負けたくない」とストイックに語り出すと、李監督から「撮影ではこういう感じをほぐそうとしたんです!」と指摘され、横浜は「…はい、すみません…」と照れた。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)