志尊淳

 志尊淳、広瀬アリス、梶裕貴、畠中祐、千本木彩花、荒木哲郎監督が7日、都内で行われた映画『バブル』(5月13日全国公開、NETFLIX版は4月28日全世界配信)の完成披露イベントに登壇した。

 世界に降り注いだ泡(バブル)によって、重力が壊れた東京で、少年と少女の想いが引かれ合う、グラビティ・アクション・ラブストーリー。監督はアニメ「進撃の巨人」のアクション映像で瞬く間にその名を轟かせた荒木哲郎氏。アニメファンから絶大な信頼を得るWIT STUDIOが制作を担った。

 主人公のヒビキ役を担当した志尊淳。迫力のアクションシーンを観て「すごいって抽象的な言葉になりますが、ものすごいダイナミックでカメラワークがすごかった。どうやって作ってるんだろうなって思って。そのなかでも感情が見えて面白かったです」と絶賛した。

 この日は映画にちなんで、自身の〇〇王子・〇〇姫を発表することに。「備蓄王子」とフリップに書いた志尊は、災害用に備蓄しているといい、その数が、飲み水500リットル、簡易トイレ200コ、懐中電灯10コ、モバイルバッテリーが20コにものぼるという。

 それを聞き、ヒビキの所属する<ブルーブレイズ>リーダー・カイを演じた梶裕貴は「志尊クンの家が避難所じゃないよね?」と驚きながら聞くと志尊は「いや、本当、ウエルカムですよ!」とし、司会者からも「周りの方が困っていたら」と聞かれ「ぜひなんでもご教授します」とうなずいた。

 またこの日は、本作のヒロイン・ウタ役にも大抜擢されたりりあ。もリモート形式で出演。本作のエンディング主題歌楽曲「じゃあね、またね。」を弾き語りで初の生披露した。歌声を聞き、志尊は「最高だよ!」と絶賛した。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)