乃木坂46賀喜遥香(新潮社)

 乃木坂46の賀喜遥香が、6月7日に1st写真集(新潮社)を発売する。4期生では初のソロ写真集。「この写真集を見れば私、賀喜遥香がわかる、という作りになっています」とコメントを寄せる。

 4期生として加入後、瞬く間に人気メンバーとなり、28thシングル「君に叱られた」ではセンターも務めた「かっきー」こと賀喜遥香。20歳になってから間もなくして撮り始めた本作は「今しか見られない」少女のあどけなさと女性のしなやかさの振れ幅が大きい作品となった。

 沖縄・宮古島と東京で撮影。宮古島ではTシャツ・ショートパンツなどのラフな格好で跳んだり走ったり自転車に乗ったりと伸びやかに過ごした。等身大の、少女のように初々しくあどけない表情が印象的だ。一転して、東京では166センチという長身を生かして背中が大きく開いた真紅のロングドレスを着こなした。

 そして初めてのランジェリー撮影にも挑戦。沖縄ではトレーラーハウスで朝起きたばかりの素の表情、東京ではラグジュアリーなお部屋で思わず「カワイイ!」と言いたくなるようなキラキラした表情を見ることが出来る。

 本作では初水着にも挑戦した。「栃木に住んでいて海を知らずに育ったので、透明な海を見てみたい」という賀喜のリクエストをもとに、東洋で一番美しい砂浜とも言われる宮古島・与那覇前浜ビーチで撮影。「今までの人生でビキニを着たことがない」と緊張した様子だったというが、見たことのない白い砂浜や青い海に感激し、すぐに満面の笑みなったという。

 「今まで行ったことのなかった透明な海に行きたい」という願いの他にも、「グループの中ではガーリーなポジションにいないので、ソロ写真集のときだけは可愛い服を着て花に囲まれたい」「おしゃれなアフタヌーンティーセットを食べる」「イラストを描くのが好きなので、写真集に描き入れたい」などのリクエストに応えて撮影した。

 更にオーディション合格時の心境、センターになったときの気持ち、乃木坂46に加入していなかったら、将来の夢……など、4年間の頑張りを振りるスペシャルインタビューも収録される。

海に入り弾ける笑顔を見せる乃木坂46賀喜遥香(新潮社)

賀喜遥香:コメント

 ファースト写真集を出させていただくと初めて聞いたとき、驚きが大きかったのですが、先輩方が出していた写真集を見て憧れていたので、とても嬉しかったです。

 この写真集は、沖縄・宮古島と東京で撮影しました。沖縄では、海がない栃木で育った私がずっと夢に見ていた透明な海に行くことができました。東京では、ちょっとおしゃれな感じや大人な感じの写真を撮っていただきました。

 沢山夢を叶えていただいて、美味しいものを食べて、すごく楽しく撮影させていただきました。色々な場所で色々な表情を撮っていただいたので、この写真集を見れば私、賀喜遥香がわかる、という作りになっています。私の楽しい・嬉しい気持ちが詰まっていると思いますので、皆さんにも見て、知って、楽しんでいただけたらと思います。

 ぜひ、ご覧いただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

 ◆カメラマン=菊地泰久(きくちやすひさ) 岩手県出身。vale.所属。ファッション誌からグラビア誌まで幅広く手掛ける。

写真集概要

【タイトル】乃木坂46賀喜遥香 1st写真集 『タイトル未定』
【造本】A4判 オールカラー160ページ
【発売日】2022年6月7日(火)
【本体価格】2,200円(税込)
【ISBN】978-4-10-354571-2
【特典】ポストカード6種類中1種封入
【URL】https://www.shinchosha.co.jp/special/kakiharuka1st/
【公式Twitter】@kakiharuka_1st
※カバーの異なる【楽天限定版】、【セブンネット限定版】、【紀伊國屋書店限定版】も発売。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)