“次世代No.1ボーイズグループStray Kids”(読み:ストレイキッズ)が30日、グローバルボーイズグループ“JO1”(ジェイオーワン)に楽曲提供したことを発表した。

 昨年8月に韓国でリリースしたAlbum『NOEASY』が、JYP Entertainmentの制作アルバムとして初のミリオンセラーを達成し、リード曲「Thunderous」は世界52の国と地域でiTunes1位を獲得。さらに、世界中が熱狂したサバイバル番組「KINGDOM:LEGENDARY WAR」で見事優勝、K-POPの新たな頂点に輝き、さらに今年3月にはMini Album『ODDINARY』が、K-POP史上3組目の快挙となる、米ビルボードのメインチャート「ビルボード200」で1位を記録するなど、全世界から注目を集める“次世代No.1ボーイズグループStray Kids”(読み:ストレイキッズ)が、新しいコラボレーションを発表した。

 今回、Stray Kidsは、グローバルボーイズグループ“JO1”(ジェイオーワン)に楽曲提供したことを発表。JO1のテーマソングであり、ファンへの応援歌であるアンセム曲として制作された今回の楽曲はStray Kidsのバンチャン、チャンビン、ハンの3人によるプロデューサーユニット3RACHAがトラック、トップラインを制作・提供し、JO1のメンバーが作詞を手掛けたコラボレーション楽曲となる。

 楽曲タイトルは「YOLO-konde」と題され、後日配信でのリリースも予定されているとのこと。

 Stray Kidsは、大規模なワールドツアー「Stray Kids 2nd World Tour "MANIAC"」を開催することを発表している。ワールドツアー「Stray Kids 2nd World Tour "MANIAC"」は、現在発表されているだけで、韓国・ソウルを皮切りに、米ニューアークやシカゴ、アトランタ、ロサンゼルスなど、全世界10都市16公演を巡る大規模なツアーで、日本公演は、6月11日(土)、12日(日)の神戸にて2公演、6月18日(土)、19日(日)、7月26日(火)、27日(水)の東京にて4公演、計6公演が開催される。

 Stray Kidsの日本公演は、2019年12月3日に東京・国立代々木競技場 第一体育館にて開催されたジャパン・デビューショーケース『Stray Kids Japan Showcase 2019“Hi-STAY”』以来、約2年7か月ぶりの公演となり、さらにはStray Kidsが日本デビューして以来、初の来日公演となる。

 数々の記録を打ち立て、成長を続けるStray Kidsの今後の活動からさらに目が離せない。

■Stray Kids提供楽曲、JO1「YOLO-konde」
※後日配信リリース予定

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)