生田絵梨花(WOWOW提供)

 生田絵梨花が、WOWOWオリジナルコントドラマ『松尾スズキと30分の女優2』(13日午後11時スタート)で第1話「生田絵梨花の乱」に出演する。松尾スズキが女優と組み繰り広げるコント第2弾。このほど、てれびのスキマ氏が生田に話を聞いたオフィシャルインタビューが到着した。台本を読んだ時は「最初は本当によくわからなくて」という生田だが収録を終え「私も自分の作品を見てこんなに笑うことになるとは思わなかったです」と手応え。そんな生田はどのように向き合ったのか。

――今回、番組への出演オファーを受けた時の率直な感想は?

 以前出演した松尾さんの演出の『キレイ―神様と待ち合わせした女―』は、自分の中で一生の思い出に残るぐらい大切で楽しかった作品なので、また松尾さんとご一緒できたらいいなってずっと思っていたんです。それが早い段階で叶ったのでとても嬉しかったです。それにこれまで、演出家の松尾さんとしての関わりだったので、今回は役者の松尾さんと一緒にお芝居させていただけるのが、とても楽しみでした。

――『キレイ』での松尾さんの演出はどのような印象がありますか?

 稽古場でムチャブリされた記憶があります(笑)。とあるシーンを急に「落語調にやってみてください」って言われて。その時に松尾さんが落語家の役を演じてらっしゃって(笑)。結局本番ではやらなかったんですけど。そういう風に稽古場で色々試しながらやってみるというのが結構多かったですね。

――この頃、記憶に残っている松尾さんの言葉はありますか?

 通し稽古が終わった時に「これは演劇ファンも驚いてくれるんじゃないか」っておっしゃっていただいて。私はそれまでミュージカルが多かったので、松尾さんからそう言っていただけたのはとても嬉しかったですね。

生田絵梨花(WOWOW提供)

――今回、台本を読んで率直な感想は?

 最初は本当によくわからなくて、現場行ってもよくわからなくて。でも出来上がりを見て、驚きました。ああ、こういう世界が松尾さんには見えていたんだ!と。私も自分の作品を見てこんなに笑うことになるとは思わなかったです。

――どのような準備をされましたか?

 ひとつ意識したのは、それぞれのコントのシチュエーションや役の年代感が違う設定だったので、例えば「音楽祭」(WOWOW 輝け!音楽祭)のMCの時は、本物の司会者の方がどんな感じで喋ってらっしゃるのか見たり聞いたりしてなんとなくインプットして。言ってることはハチャメチャだけど、やってることは通常のようにできるように意識しました。「絵梨花は俺の妹」だと、ちょっとアイドルっぽく、どっちかっていうと発声を高めにして、かわいらしい感じにできるようにやってみたり。逆に「猫は気にならない」は、猫に気がいっちゃうけど、松尾さんを親に紹介するということはそれなりに年齢が高めなので少し落ち着いた感じを出そうとか。結構、真面目に準備しましたね(笑)。

――役柄について松尾さんになにか尋ねたりしましたか?

 そんなに深くは聞きませんでした。でもやってみて、もうちょっとこうっていうのがあったらその場で言っていただけました。あと、思ってもみなかったオーダーもいただきました(笑)。

――どんなことを?

 「応援団」(親の前では、普通の子応援団)のところだと、私は皆さんと一緒に歌うはずだったんですけど、急遽、歌うんじゃなくて、奇声を発してほしいというオーダーをいただいて、わけもわからず叫んでみたり(笑)。あとは「網、破れて」という曲を歌う場面では、網戸を持たされながら歌ったり。

――今回は歌う場面が多かったですね。

 歌詞で言ってることはおかしいですけど、衣装や照明、ステージも本格的で普段歌わせていただく時と同じスタンスで臨みました。

生田絵梨花(WOWOW提供)

――コントで対峙したその松尾さんの印象は?

 凄かったですね。普段だったら疑問に思ってしまうことも、自然と松尾さんがその世界に引き込んでくれるような感覚で、改めて凄い方だなって思います。

――演出してる時の松尾さんと演じているときの松尾さんの印象は違いましたか?

 違いましたね。演出している松尾さんのイメージは、表現が難しいんですけど......、穏やかというか、とても冷静。たまに奇想天外な要求はされたりするんですけど、すごく優しい。失敗しても面白がってくれるような雰囲気の人っていうイメージだったんですけど、役者さんとしての松尾さんは、いろんなものを自ら一番に脱ぎ捨ててやりきるみたいな迫力を感じました。もう本当に“静と動”くらい違う印象でした。

――撮り直しとかもありましたか?

 そんなに無かったですね。松尾さんが本当に体力を消耗する役柄をたくさんやってらっしゃったので、何回もできない。私が一番それを感じたのは松尾さんが蚊になるんですけど、蚊の体力の消耗はすごかったように思えました(笑)。

――普通のドラマと今回のようなコントでは演じるにあたって違いはありましたか?

 我に返らなければ一緒だなって(笑)。シチュエーションと内容が変わっているだけで、もしかしたら同じなのかもしれないと思いました。

――出来上がったものを見た時の感想は?

 本当に元気が出ます(笑)。特に応援団のシーンとかは何回も見ました。自分の作品を何度も見返すことはあまりないのですが、なんか元気もらえるんですよ。だから皆さんにも、ちょっと疲れたなーとか、気分が晴れない時に観ていただけたら嬉しいです。

――最後に、今回特にここを見てほしいという部分は?

 見どころがたくさんあります。中でも、やっぱ耳ですかね? 「表彰式」のときに耳を特殊メイクしてるんです。私は「大きい耳」とか「立ってる耳」にすごく憧れがあったので、その夢が1つ叶ったところは、注目して見ていただきたいですね(笑)。

生田絵梨花(WOWOW提供)

ヘアメイク:paku☆chan(Three PEACE)
スタイリング:有本祐輔(7 回の裏)
カメラマン:山本れお

Photos
WOWOW提供

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)