Snow Man渡辺翔太が表紙を飾る『CHEER Vol.19』(宝島社)

 Snow Manの渡辺翔太が、現在発売中のムック『CHEER Vol.19』(宝島社)の表紙、巻頭特集に登場している。

 バラエティ番組や歌番組での活躍はもちろん、グループ全員で主演を務める映画『おそ松さん』の公開、その主題歌として6枚目のニューシングル「ブラザービート」を発売することも決定し、さらに注目を集めている。

 映画『おそ松さん』でオリジナルキャラクターの“物語終わらせ師”、エンドを演じる渡辺だが、ダメダメながらどこか憎めない、愛らしい主人公の6つ子のキャラクターに通じるところがあるという。

 「『翔太はダメだからやってあげよう』って思わせるのがうまい。もしかしたらこれは才能に近いかもしれない(笑)」

 お願いしなくても、相手のほうから何かしたいと思ってしまう。自然と手を差し伸べてしまうような、“愛される魅力”のある渡辺。そんな渡辺のメンバーからの“愛され”エピソードや、オリジナルキャラクターを演じる難しさ、今後のグループとしての目標についてもたっぷり明かしている。

 白い衣装を纏った渡辺さんのクールな表情や、躍動感あるカットにも注目だ。

 大人気の両面ピンナップには、渡辺翔太と、なにわ男子の長尾謙杜が登場している。

Photos

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)